一生懸命で一途な想いが、相手の気持を変えるのです

 

 

こんにちは!

齋藤エイタカです。

 

一生懸命。

 

全力でモノゴトに取り組むこと。

命がけでコトに当たること。

 

こんな風にいうと大げさにも感じますが、

本来はこういう意味を持つものです。

 

命をかけて全力で。

 

どうですか?

最近一生懸命に取り組んだことはありますか?

 

心の底から成し遂げたい、

どんな手を使ってでも、

全てを捨ててでも手にいれたい。

そう思ったことはありましたか?

 

私たちは一見安定した世界に

生きているように感じます。

 

毎日、当たり前のように起きて

ご飯を食べて仕事に行く。

 

そして一日の仕事が終わったら

家に戻ってくる。

 

帰ってくるのが当たり前だと思っている。

まさか自分のこの生活が

変わってしまうとは思っていない。

 

当たり前に生きている、

そんな感覚ですよね。

 

平和なのはもちろん素晴らしいことです。

 

争いもなく、

心の平安も保たれている。

 

人は変化を嫌います。

嫌うというか,恐れるのですね。

 

未知を恐れる。

 

それは自分の平和が

脅かされるのではないかということへの

恐れなのです。

 

自分を守りたい、

常にそう思っているのです。

 

しかし、平和であるからこそ

気がつけないこともあります。

 

生かされているということ。

 

本当はこの先どうなるかなどは

誰にも分からないこと。

 

自ら挑戦するという

気持を忘れてしまっているのです。

 

人は、

どんな人に惹かれると思いますか?

 

あなたはどんな人に心奪われますか?

 

少しだけ考えてみてください。

 

先に話したような、

保守的で、変化を恐れて、

挑戦しない人のことを

素敵だと感じますか?

 

常に自分のからに閉じこもり、

ノックをしても気がつかない相手と

一生を共にしたいと感じますか?

 

これからあるストーリーを

紹介します。

 

それは、一生懸命であることの

大切さを教えてくれる話です。

 

あなたの心に勇気が宿りますように。

 

あきらめなかった恋心

 

28歳の会社員N君の話です。

 

N君は工学系の大学を卒業してから、

今の会社に入社し今までコツコツと働いてきました。

 

性格はいたって真面目で、

派手な遊びもせずに、

仕事一筋で生きてきました。

 

N君は実家住まいで

家族をとても大切にしていました。

 

父親と母親の仲もよく」、

自分もいつかはこんな夫婦になりたいと

思っていました。

 

恋愛については奥手というか、

鈍感なタイプで、今まで誰かを

好きになったとこともないような感じでした。

 

恋愛ドラマや映画を見て

幸せそうな恋人同士に憧れを感じることもありましたが、

自分がこんな風になれるとは思っていませんでした。

 

恋という感覚がよくわからなかったのです。

 

そんなN君を心配した友達が

合コンなどを開いてくれたのですが、

今までと同じように

誰かを好きになるという感覚は

見つけられなかったのです。

 

そんな時に、

あることがきっかけで知り合った女性が

気になりだしたのです。

 

その女性は、取引先の女性で

いつも笑顔で迎えてくれたので

N君は知らず知らずのうちに

心惹かれていったのです。

 

それでも、

これが恋だとは気づかずに過ごしていました。

 

そんな時偶然にも友達が彼女の友人達と

飲みに行くことになり、N君も一緒に行くことになりました。

 

ついていった先には彼女がいて、

最初は驚いたようですが、

勇気を出して話しかけてみたのです。

 

「どうも。いつもお世話になっています。」

 

「いつもお仕事頑張ってらっしゃいますね。」

 

彼女はN君のことを見ていてくれたらしく、

N君は喜びと恥ずかしさの交じった

複雑な気持になりました。

 

そして、彼女のミステリアスな魅力と

そのやさしさに心を惹かれていったのでした。

 

N君は元々合コンは苦手な方で

いつも話をするのに困っていました。

 

話さなくちゃ、と思えば思うほどに

言葉でのどを出てきませんでした。

 

でも、彼女と話している時は

自然と口から言葉がこぼれ出てきました。

 

まるで、

長い間閉ざされていた扉が開いたかのように

自分の気持が溢れ出しました。

 

N君は、これが恋なんだな、

そう思ったそうです。

 

彼女の話を聞いていくと、

彼女は離婚歴があるようでした。

 

最初は驚いたN君でしたが

そんなの関係ないと、

積極的にアプローチしました。

 

とはいうものの、

今までまともに女性とお付き合いも

したことがないので、

どうしたらいいのかわからなかったのですが、

とにかく進めと言わんばかりに、

グイグイとリードしていきました。

 

彼女を笑わせようと、

面白い話をしたり、

彼女の興味があるものが何なのかを知るために

どんどん話を引き出したり、

どにかくありとあらゆることをしました。

 

N君には駆け引きもできるわけもなく、

ただただ真っ直ぐに

彼女に思いを伝えるしかなかったのです。

 

そこには、

ためらいも恐れもありませんでした。

 

彼女と一緒にいたい、

彼女が喜ぶ顔が見てみたい

その気持しかありませんでした。

 

彼女の方は最初は戸惑っていたようですが、

だんだんとN君の気持に押されていきました。

 

彼女ももちろん心の底では

パートナーを求めていましたが、

一度失敗したことで

恋愛することへの恐れや、

不安の方が強かったのです。

 

しかしN君には

そんなことは関係ありません。

だいたい彼女の恐れる気持が

わかるはずがなかったのです。

 

N君には

恐れというものがありませんでした。

 

自分が振られる恐れよりも、

彼女を失ってしまうということの

恐れの方が強かったのです。

 

N君はひたすらに突き進みました。

 

何度も何度もデートに誘い、

彼女がはにかみながらウンと言うまで

決して諦めなかったのです。

 

その真っ直ぐで誠実な心に

彼女の心の氷は溶けていきました。

 

彼女はN君から、

春の雪を溶かすような

太陽の温かさを感じたのでした。

 

人は人生のうち

どのくらいの回数

「愛されているな〜」と

感じることがあるのでしょうか。

 

自分の存在全てを受け入れてくれる

そんな人に出会うのでしょうか。

 

彼女は出会ったのです。

 

心の全てを開けるパートナーに。

 

どんな事でも話せて、

思いをを共通できる相手に。

 

人の心が変わるときは

どんな時でしょうか。

 

高くそびえ立つ壁が

壊れ始める時、人は変わります。

 

 

そして、それを壊すのは

ハンマーではないのです。

 

一生懸命で一途な想いのです。

 

彼女はN君から絶対ともいえる

愛情を受け取ったのです。

 

N君になら自分の人生を預けてもいい。

一緒に歩んでいきたいそう思えたのです。

 

あなたはそんな想いを

抱いたことはありますか?

 

人の人生までもを変えるような強い想いを。

 

N君にはそれがありました。

 

だからパートナーを見つけることができ、

幸せを掴むことができたのです。

 

私は男女関係はシンプルだと思っています。

 

パートナーに対する思いやり、

そしてその人を幸せにしたいという強い想いがあれば

その関係性は保たれると信じていますし、

実際にクライアントさんを見てもそう思います。

 

不安なのもわかります、

怖さも理解できます。

 

でも、それを超えるには

進むしかないのです。

 

想いを伝えていくしかないのです。

 

大丈夫ですよ、

想いはきっと伝わります。

 

自分を信じて、

相手を信じて、

進んでいきましょう。

 

未来はきっと明るいですよ!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

男女関係で悩む人に
1日4000語、1カ月10万語の
熱くて、やさしく愛あるメッセージを送る
齋藤 エイタカ

 

 

新潟婚活

 

人はみんな幸せになるために生まれてきた。
幸せになるのに立場や環境は関係ない。

どんな人にも平等にチャンスがあり
幸せになる権利があるはずだ!

 

そんな思いを胸に
婚活や男女関係に悩む人のために
心が軽くなるメッセージを送り続けています。

 

私の発したメッセージが
あなたにとって救いになれば幸いです。

 

メッセージ戴ければ全て返信しますので
遠慮なくコメント下さいね。

 

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家)
愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。