婚活中の男女がすれ違いを防ぐために知っていて欲しいこと

 

エイタカ
こんにちは!

ブログを訪問してくださりありがとうございます!

よければSNSでも友達になってください。

Facebook   Twitter 

 

男女には驚くほどの考え方の違いがある

こんなことを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

今「コウノトリ」というドラマが人気らしいですね。

私は見ていませんが妻が毎回楽しみにしています。

 

そこでは出産、育児という視点から

男女の違いが描かれているようで、

それについて妻と話し合ったりもしています。

(私はドラマ見てないけど・・・)

 

男女の違いについては、有名な

ベストパートナーになるために

という本に詳しく描かれています。

 

私も何度か読んだことがあるのですが、

確かに経験として男女の違いが理解できます。

 

しかし頭ではわかっていても

やはり本能的には逆らえず、その違いを忘れてしまいます。

 

そこで、今回はできるだけわかりやすく

男女の違いについて」まとめて見ました。

 

これを理解することで、

パートナーと良い関係を築けるようになります。

そして婚活にも活かせる内容にしました。

 

私たちは常に誰かに理解されたいと思っています。

そして男女の違いを理解することは、

その心の隙間を埋めることになるのです。

 

男女のすれ違いを防ぐために知っていて欲しいこと 

 

男女の違いと言われてどんなことを思い浮かべますか?

 

見た目はもちろんのこと、考え方や、感じ方には

思っているよりも大きな違いがあるものです。

 

そしてすれ違う原因の多くは

感じ方からくる、考え方の違いによるものです。

 

今回はそんな男女がすれ違ってしまう原因として

いくつかの項目にまとめたので、順を追って理解していきましょう。

 

男女の考え方の違いを知ることで、

あなたの視野は広がり、今まで見えなかったものが見えてくるはずです。

 

男女での会話の目的の違い

 

男女では会話の目的に大きな違いがあります。

 

異性と話すときお互いに、

「どうしてこんな風に話すんだろう」

と思ったことはありませんか?

 

これを聞いてピンとくる人は鋭い人です。

 

男は何事においても目的を決めて、

それを達成するために活動するようにできています。

 

仕事でも、会話でも、恋愛でも同じです。

男は「目的」や「意味」を求めるのです。

 

ですから、当然会話でも同じように考えます。

 

目的地のない会話、意味もなく会話することは

男にとっては考えられないのです。

 

それに対して女性は、

会話に「共感」を求めています。

 

自分の感情に

共感してくれるのを求めているのです。

 

よく言われることですが、

女性が日頃の愚痴を男性に話すときにすれ違いが起こります。

 

女性はただ愚痴を聞いて欲しいのです。

話を聞いて自分の感情に共感して欲しいのです。

 

「わかるよ」

「大変だったね」

ただそれだけ言ってもらえれば良いのです。

 

しかし男性は会話に目的を求めるので、

ただ黙って聞いているということはできないのです。

そしてついアドバイスをしてしまうのです。

 

しかし、女性はアドバイスを求めていないのです。

 

だから女性側としては、

「私の話を聞いてくれない」

「私のことをわかってくれない人」だと思うのです。

 

そうなってしまっては、

信頼関係を築くどころの話ではなくなってしまいます。

嫌われる可能性がだって出てきます。

 

だから男性は女性の話を聞くときは、

ただ黙って話を聞いてあげて下さい。

 

女性はそれだけで大満足なのですから。

 

男性は被害妄想の気がある

 

会話つながりで話を進めましょう。

 

女性の何気ない言葉で、

男性が急に怒ってしまうことってありませんか?

 

例えば、車で食事に行く時に、

女性が後どれくらいの時間で着くのかを

知りたかったとしましょう。

 

「後どれくらいで着くの?」

なんて聞いてみると、

男性は急に怒り出すことがあります。

 

女性にとってはただ時間を知りたかっただけなのに、

急に怒り出すなんて理解できないと思うことでしょう。

 

その時の男性の心理は、

自分が責められているように感じるのです。

 

「まだ着かないの?遅いなぁ〜」

と責められていると感じてしまう。

 

男性は女性の前ではカッコよく在りたいと思っています。

ですから完璧な自分を演じようとするのです。

 

しかし、

実際には思い通りにいかないことの方が多い。

 

男性は社会に出て、厳しい環境に身を置いているので、

失敗すると責められることが多いのです。

 

「まだ、できていないのか!」

「ダメなやつだなぁ〜」

 

そんなことが当たり前になっているのです。

 

ですから、

つい被害者意識を持ってしまうのです。

 

だから、女性に何か言われると

責められているように感じて、逆ギレしてしまうのです。

 

一見一人相撲でバカに見えるかもしれませんが

それが男なんです、女性の方々はわかってあげて下さい。

 

男性だって辛いんです。

 

だから、面倒くさいかもしれませんが、

前置きした上で優しい言葉で聞いてあげてください。

 

そうすれば男性も責められているんだとは思わずに、

コミュニケーションが取れるようになります。

 

男性は熱しやすく冷めやすいが、女性は熱しづらく冷めづらい

 

男性は女性に比べて一目惚れすることが多いです。

 

見た目が自分のタイプだと

何とかものにしようと情熱を注ぎます。

 

声をかけ、連絡先を交換し、

二人っきりで会おうとします。

 

女性にとっては積極的にアプローチされることは

ありがたいことなのかもしれませんが、

男性は熱しやすい反面、冷めやすい部分も持っています。

 

男性は求愛している相手が手に入ると、

もう目的は達成されたと感じ、

急に冷めてしまうことがあります。

 

これは本能的なことなのですが、

女性から見ればたまったものではありません。

 

それに比べて女性は、

一目惚れするということがほとんどなく、

徐々に相手のことを好きになっていくのです。

 

ですから、

女性が最初の方はあまり乗り気ではないのは

ある意味仕方のないことなのです。

 

しかし一旦火がつくと、

燃え盛る火のように男性に情熱を注ぎます。

 

しかしその時、

男性の炎が消えてしまっている可能性があるのです。

そうしてすれ違いが起こります。

 

そうならないためには、

女性が安易に相手に身を許すのではなくて

じらす必要も出てきます。

 

焦らせば焦らすほど男性の炎も燃え盛るので、

お互いが一番いい時期に結ばれるのがベストなのです。

 

男は甘えん坊、女は癒されたい

 

男性は基本的に甘えん坊です。

 

これは本能的なもので、幾つになっても小さい頃に

母親にもらった愛情を感じていたいのです。

 

気持ち悪いなんて言わないで下さいね(^^)

本能なんですから・・・。

 

ですから、付き合った相手にも

それと同じように甘えたいと思うのです。

 

しかし女性も同じように

男性に甘えたいと思っています。

 

話を聞いて、共感して、

理解してもらうことを望んでいるのです。

 

そして心の底から

癒されたいと望んでいます。

 

アロマテラピーやヨガなどの癒しが

女性に人気なのはそういう理由からなのです。

 

男性は甘えたいし、女性も癒されたい。

このバランスが上手にとれないとすれ違いが起こってしまいます。

 

それを避けるには、

自分が余裕のある時には

相手に合わせる優しさを持つことです。

 

お互いに甘えさせてあげるし、

癒してあげれば良いのです。

 

それができるようになると

相手のことを自然と信頼できるようになります。

 

男は行動で示したいと思うが、女は言葉を求める

 

男性は「愛してる

と口に出して言うことができません。

 

不器用で、恥ずかしがり屋だからです。

その分、行動で示せばいいと思っています。

そして伝わるだろうなと思い込んでいるのです。

 

しかし、

残念ながらその思いは女性には伝わりません。

 

なぜなら

女性は言葉で示さないと伝わらないからです。

 

「好きだよ」

「愛してるよ」

 

と言葉で伝えて欲しいと思っているのです。

 

だから男性が一所懸命行動で示しても、

女性は物足りないと思ってしまうものです。

 

女性は男性が思っているよりも

ずっとロマンチックなのです。

 

究極を言えば、

「好き」「愛している」でも足りないのです。

 

私のどこが好きなの?

どの部分を愛しているの?

それくらい細かく相手には求めてしまうのです。

 

ですから、

男性はできる限り言葉で示してあげて下さい。

 

慣れるまでは恥ずかしいかもしれませんが、

慣れればなんてことはなくなります。

 

男と女の関係では、

ここは外せないポイントです。

 

男性はSEXと愛は別だと考えるが、女性にとっては同じ

 

男性は本能的に子孫を残すと言う使命があるので、

女性を求める欲望が強いのです。

 

そしてSEXと愛は別だと割り切れることができます。

愛がなくてもSEXはできると言うことです。

 

ですから、浮気をするのは男性の方が多いのです。

(今は女性もかなり浮気すると聞いていますが・・・)

 

それに比べて

女性の方はSEXをすると相手への情が生まれます。

 

そして愛のないSEXはできないのです。

仮に愛のないSEXをしたとしても、

その後その人のことを好きになってしまうものです。

 

そして愛を求めます。

女性にとってSEXとは愛の確認行為なのです。

 

お互いにこの特徴を理解していると

相手の性に対する考え方がわかるようになり、

より深い結びつきが生まれるようになります。

 

男は悩むと引きこもり、女性は発散しようとする

 

仕事や人間関係で悩んだ時、

男性は解決策を考えるために引きこもろうとします。

 

引きこもるとは、一人になりたがるということです。

静かな場所で、気持ちの整理をつけたいのです。

 

それとは逆に、女性は悩みがあると

人に話すことで発散させようとします。

そして慰めて欲しいとも思っています。

 

女性はそうすることで、

心の負担を減らそうとするのです。

 

ですから、

男性が悩んでいる時は様子を見ながら

そっと見守っていてあげて下さい。

 

反対に女性が悩んでいる時は

じっと話を聞いてあげて、

彼女の心を癒してあげて下さい。

 

それが良いコミュニケーションの取り方です。

 

連絡は女性はマメだが、男性は基本面倒くさがる

 

連絡の取り方に関しても男女に差があります。

 

昔は電話やメールで連絡を取り合っていましたが、

今はLINEが主流になってきています。

 

女性は常に、好きな人のことが知りたいし

自分のことも話したいと思っています。

 

そうすることで、

離れていても心が繋がっていることを確認したいのです。

 

しかし、男性は基本面倒くさがりで、

余裕ができたら連絡をしようぐらいにしか思っていないのです。

 

返信してこない男性は、

連絡を後回しにしてつい忘れてしまっているのです。

 

 

そこで連絡の頻度に差が生まれ

すれ違いが起こってしまいます。

 

女性は相手への好きを優先しますが、

男性は余裕が生まれなければ

好きという気持ちが生まれづらいのです。

 

だからと言って女性への気持ちが

ないという訳ではないことを理解して下さいね。

 

男性も女性を思うのなら、

いくら忙しくても簡単でいいので

一言連絡を入れてあげて下さい。

 

たったそれだけで女性は満足するのですから。

 

まとめ

 

これまで「男女の違い」について見てきましたが、

この違いは決して解決できない問題ではありません。

 

男性は女性の、女性は男性についての

正しい知識を知ることで歩み寄ることができます。

 

決して乗り越えられない問題ではありません。

 

私たちはつい自分本位に考えてしまうものです。

ですが、その意識をほんの少しだけ相手に向けることで

二人の関係は今までとは違うものになります。

 

これらのことは何も婚活だけではなく、

結婚生活においても必要とされることです。

 

男女の違いを理解しておくことは、

「この人とは結婚してやっていけそうかな?」

と考える大きな判断材料になります。

 

自分のことを全く理解してくれない人と

一緒に暮らしたくはないですよね。

 

当たり前のことです。

 

男女の違いを理解することは、結婚してからも続く

パートナーシップを深めるためにも必要なことです。

 

 

あなたがより良いパートナーシップを

築いていけるように願っています。

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家)
愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。