婚活コミュニケーション

婚活で沈黙を作らないための質問力の磨き方

更新日:

 

こんにちは!

婚活の専門家のエイタカ(@meotofarm)です。

 

婚活では初対面の場面が多いので、

話題を作るために質問する必要があります。

 

自分から会話を切り出さなければ、

沈黙が続くかもしれないからです。

 

また受け身の姿勢でい続けていては、

いつになったら相手と仲良くなれるかわからないからです。

 

黙っているうちに、

気になる人が、他の人にとられるかもしれません。

 

それは嫌ですよね。

 

だったら自分から質問をして

アプローチをかけていかなくてはいけません。

 

ただどう質問していいのかわからないのが本音だと思います。

 

会話が盛り上がるには?

話が弾んで相手と仲良くなるにはどうしたら良いのか?

 

それには的確な質問をすることです。

相手が興味を持って、話しやすい質問をしてあげることです。

 

相手が好んで話し始めると、

相手との距離はぎゅっと縮まります。

 

相手との距離が一度縮まれば、

あとは自然と仲良くなれるものです。

 

しかしこの質問を一歩間違えると、

相手との距離が縮まるどころか、逆に遠くなってしまいます。

 

相手が答えに詰まって

沈黙になってしまうかもしれません。

 

そうなったらお終いです。

 

そうならないためにも効果的な質問の仕方、

質問力を磨く方法を学んでいきましょう。

 

相手との距離が縮まるいい質問とは

 

質問には、いい質問と悪い質問があります。

 

ここでいういい質問とは会話が続いて、

2人の距離が縮まる会話です。

 

逆に悪い質問とは、

それを答えたら話が終わってしまったり、

相手が答えにくい質問です。

 

質問は何のためにするんでしょう?

 

会話を続けるため、

そして相手と仲良くなるため質問をするのです。

 

そう考えると、

相手が答えやすい質問をするということが大切になります。

 

場違いな質問や、

何を聞かれたのかわからない質問、

相手の意図がわからない質問は不信感を招き

相手を不安にさせてしまいます。

 

そうならないためにも、

質問の意図を理解して使い分けるようにしましょう。

 

「クローズドクエスチョン」と「オープンクエスチョン」

 

質問の聴き方には大きく分けて2種類があります。

 

クローズドクエスチョンオープンクエスチョンです。

 

クローズドクエスチョンとは、

相手の答え方が制限されている質問のことです。

 

例えば、

「あなたは家族が好きですか?」

「あなたはケーキが好きですか?」

 

などの「はい」か「いいえ」で答えられる質問です。

 

クローズドクエスチョンは単純な回答しかできませんが、

答えやすいというメリットがあります。

 

ですが下手をすると話が続かないので、

この質問の後どういう風に会話を進めていくのかを

考えながら話すと良いです。

 

もう一つはオープンクエスチョンです。

 

オープンクエスチョンは、

相手に自由に考えてもらい、自由に答えてもらう質問のことです。

 

例えば、

「相手の条件でこれだけは譲れないということはありますか?」

「どんな結婚生活を送りたいですか?」

 

このように、相手は自分の頭で考えなければいけないので

その分負担は大きくなりますが、深い関係を作れる質問です。

 

ただし、初対面でこういう質問をすると

逆に拒絶されてしまうことがありますので、

ある程度関係が深まってからこういう質問をするようにしましょう。

 

また、オープンクエスチョンを

苦手とする人もいるので見極めることも大切です。

 

どちらも使い方によっては効果的に使える質問なので、

意識的に使ってみると面白いかもしれません。

 

最初は「広く聞いて」から「深く掘り下げてみる」

 

質問には、話題を見つけるための質問

話題を深く掘り下げるための質問があります。

 

話題を見つけるための質問とは、

その人の興味があることを見つける質問です。

 

例えば、

「趣味は何ですか?」などの質問。

 

答えが「料理です」だったとしたら、

そこから深く掘り下げるための質問をするのです。

 

「得意な料理は何ですか?」

「どうしてその料理が得意なんですか?」

 

など、どんどん話を深めていく質問です。

 

これも意識して使ってみると、

自由に話題を作っていくことができ、

会話に困らなくなります。

 

「なぜ?」「どうして?」を聞くと深い話になる

 

会話する話題が見つかったら、

それについて「なぜ?」「どうして?」と

詳しく聞くと話を深めることができます。

 

先ほどの「料理」ですと、

なぜ料理が好きなのかのきっかけを聞く、

料理が得意になったエピソードを聞く、

どんな料理が好きなのかを聞く、

詳しく料理方法を聞くなどがあります。

 

この他にも話を深めていく方法は沢山あります。

 

話題を作るための質問「何?」と

話を深めていく質問「なぜ?」の違いを意識して使ってみると

話が上手な人になれますよ。

 

最後に

 

今回は婚活の場でも実際に使える

質問力の磨き方についてお話ししました。

 

今回話したことは、

質問の骨組みのようなものです。

 

これに自分になり肉付けをして

相手と良い関係を作っていく必要があります。

 

質問とは奥が深いものです。

 

そして使い方によっては

簡単に相手の心を掴んでしまうこともできます。

 

ですがその使い方を間違えると、

相手を困らせてしまうことにもなります。

 

質問を使いこなすには慣れが必要です。

ですから、無理はせずに自分が自然とできる

質問をしていくのが良いのです。

 

しかし、自分が聞いた質問にどんな意味があるのが、

そしてどういう答えが返ってくるのかを予測しながら話してみましょう。

 

そうすることで、

だんだんと質問を自由に扱えるようになってきます。

 

ただ間違わないで欲しいことは、

質問はあくまで会話を生み出す技術でしかないということです。

 

質問で相手の心を開かせることはできません。

 

相手が心を開くのは、あなたが先に心を開いた時です。

信頼関係はテクニックでは作られません。

 

そのことを忘れずに質問力を磨いていってください。

 

30代におすすめの婚活サイト

youbride(ユーブライド)

150万人以上に選ばれている婚活サイト「youbrideユーブライド)」は、条件、価値観、 様々な角度から運命の結婚相手との出会いをサポートします。

Paris (ペアーズ)

700万人が利用する恋愛・結婚マッチングアプリです。 これまでに5600万組のマッチングを記録し、結婚・交際のご報告も多数いただいています。Pairsには、20-30代の真剣にパートナーを探している男女が多数登録しています。

with(ウィズ)

メンタリスト DaiGo 監修のマッチングサービスです。
心理学×統計学を元にあなたにピッタリのお相手をご紹介します。
出会いアプリのイメージを壊しより多くの方に、マッチングのサービスで出会いを広げていただきたいと思っています。

  • この記事を書いた人
エイタカ

エイタカ

婚活の専門家 / TCS認定コーチ / Dairy farmer オンラインで婚活の専門家として婚活で成功したい人のサポートをしています。またTCS認定コーチとしてコミュニケーションの技術も伝えています。 家族を愛し、自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。 好きな言葉は「挑戦こそが人生」写真を撮るのが好きで、美しいものを好みます。

-婚活コミュニケーション
-,

Copyright© 30代婚活男女が一年以内に結婚するためのガイドブック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.