愛は私たちの中にある能動的な力です

 

エイタカ
こんにちは!

ブログを訪問してくださりありがとうございます!

よければSNSでも友達になってくださいね。

Facebook   Twitter 

 

「愛」という言葉を聞くと

どんなことを思い浮かべますか?

 

愛すること。

 

愛されること。

 

恋愛、恋人、夫婦、親子。

 

人と人との間に存在する力。

 

人生を豊かにするもの。

 

心を優しく包み込んでくれるもの。

 

依存。

 

時として心を傷つけるもの。

 

常に得たいと思っているのも。

 

得られないもの。

 

泡のように消えていくもの。

 

よくわからないもの。

 

確かに存在しているもの。

 

生まれては消えるもの。

 

受け入れるもの。

 

挙げだすとキリがありませんが、

私は「愛」という言葉を聞いて

ざっとこれらの言葉が頭に浮かびました。

 

「愛」のついての解釈は

人それぞれ違うと思います。

 

私たちは自分が体験してきたことしか、

実感として得られません。

 

今まで人を

「愛した」こと、

「愛された」と感じた経験が

その人にとっての「愛」なのです。

 

この「愛」という

目には見えないが確かに存在し、

私たちの心を豊かにしてくれるものを

理解するは大切なことです。

 

「愛」への理解が足りないと、

逆に心を苦しめてしまいます。

 

「愛」を依存や束縛などと勘違いし

苦しい思いをしている人もたくさんいます。

 

ですから、正しく

「愛」について学び、理解することが必要なのです。

 

恋愛でも、婚活でも、

夫婦間でも、親子の間でも、

うまくいかない原因の多くは

 

「愛について」

 

の理解がないことによることが多いのです。

 

人を愛するとはどういうことか、

そして愛されるとはどういうことなのか。

 

愛についての有名な言葉を引用しながら、

私なりの意見を交えてわかりやすく書いていこうと思います。

 

愛は私たちの中にある能動的な力

 

愛は人間のなかにある能動的な力である。

人を他の人びとから隔てている壁をぶち破る力であり、

人と人とを結びつける力である。

愛によって、人は孤独感や孤立感を克服するが、

依然として自分自身のままであり、自分の全体性を失わない。

 

by「愛するということ」 エーリッヒ・フロム

 

「愛」には

人と人との壁をぶち破る力があります。

 

私たちは一人一人違う存在です。

違う個性や価値観を持っています。

 

本来はその違いを楽しむものなのですが、

多くの場合はその違いが原因で壁を作ってしまいます。

 

私たちは元々弱い存在なので、自分と違う存在があると、

自分の存在が脅かされるのではないかと不安になり、

心の壁を作ってしまうのです。

 

私たちはその壁を作ることで、

人と分かり合えなくなっているのです。

 

そして孤立感を感じているのです。

 

しかし、「愛」には

その壁を壊す力があります。

 

そして人と人の心を

結びつける力があるのです。

 

私たちは孤独であることを嫌います。

どんな人でも一人は寂しいと思っています。

 

ですから、

「愛」を求めるのです。

 

「愛」が孤独感を消してくれるのを知っているから。

 

「愛」は相手に依存することで、

自立を阻むと考える人もいますが、そうではありません。

 

むしろ「愛」は人を強くし、自立心を育むののです。

 

そして私たちを成長させてくれるものです。

 

「愛」によって失うものはありません。

「愛」は育むものですから。

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家)
愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。