婚活で自信がないと嘆く人が自信をつける方法「劣等感を壊す」

 

エイタカ
こんにちは!

ブログを訪問してくださりありがとうございます!

よければSNSでも友達になってください。

Facebook   Twitter 

 

今回は婚活で自信をつけるシリーズ第3弾です。

これまで、

 

第1弾「自分との約束を守る」

 

第2弾「自分と向き合う」

 

と見てきました。

 

少しづつですが、

自信の持ち方についてわかってきたのではないでしょうか。

しかし、それだけでは十分ではありません。

 

そこで今回は自信を持つためには不必要な

劣等感」についてお話ししていきます。

 

劣等感はただの思い込み

 

婚活パーティーなど人の集まる場所に行って自分より素敵な人を見ると、

「あの人は自分よりも可愛い・・・」

「どうせ私・・・」

と劣等感に襲われたりしますか?

 

自分に自信のない人は

劣等感を持っている人が多いです。

 

自分よりも優れていると思う人を見ると、

つい比べてしまい、自分を卑下してしまう。

そして自分自身を傷つける。

 

しかし、はっきり言いましょう。

そんなものはただのあなたの勝手な思い込みです。

 

優れているか、優れていないかの判断も思い込みだし、

優れていないことで損得があると感じているのもただの思い込みです。

 

そんな思い込みに、左右されていては

せっかくのチャンスも逃してしまいます。

 

婚活成功のためにも

そんな自分勝手な思い込みは壊しちゃいましょう!

 

自信がないんじゃなくて、ただ怖がっているだけ

 

私たちは未知のものを恐れます。

 

今まで経験したことのないことや

体験したことのないものは恐ろしいのです。

 

なぜなら、どうなるかがわからないから。

これから何が起こって、どうなっていくのかがわからないからです。

 

そして自信がないということにも、これが当てはまります。

自信がないということは怖がっているということです。

 

なぜ恐れているのか?

 

それは、結果が見えていないからです。

そして未知のものに対する課題が見えていないからです。

 

例えば

「この見えないボックスの中には何かがいます。手を入れてください。」

と言われたら怖いですよね?

 

実は中には何も入っていなかったとしても怖がるはずです。

噛まれないだろうか?

傷つけられないだろうか?

見えないからそんな不安が頭をよぎるのです。

 

でも

「ボックスの中には何も入っていません。手を入れてください」

と言われてたら怖くないですよね?

 

変に疑ってしまいますか(^^)

ですがその恐怖は半減するはずなんです。

 

なぜなら中身がわかっているから。

結論が見えているからです。

 

このように問題が明確なら怖くない。

しかし問題が見えていないと恐怖感が生まれるのです。

 

自信がない人はこれと同じで、

何か問題があったとしてもそれについて調べたりしません。

ただ漠然と不安になっているのです。

 

婚活でも同じことが言えます。

 

例えば、

半年後には結婚したいという人がいたとしましょう。

 

半年後までに結婚するには、

 

・自分ができる婚活方法を調べて

・出会いの場をリサーチして

・出会いの場に行って

・パートナーと出会い・結ばれ

・結婚までの課題をクリアし

・無事に結婚すること

 

実際はこんなに単純ではないですが、

大まかに見ると、これらのステップが必要なのです。

 

ですが、多くの人はこの事をリアルに考えません。

なんとなく婚活すれば、なんとなく結婚できるだろうと思っています。

 

婚活パーティーに行けば、婚活サイトに登録すれば結婚できるだろう。

もしそれでもダメだったら結婚相談所に登録すればなんとかなるはず。

 

その程度にしか考えていないのです。

それじゃあ漠然とした不安が残ります。

堂々と婚活はできませんよね。

 

そして、

うまくいかないことがある度に、

ちょとづつ自信を失っていくのです。

 

そうならないためには、

もっと細かく現実的な計画を立てていかなければいけないのです。

 

婚活のスケジュールを組んで、

うまくいかなかった事を振り返って次に活かすようにする。

このステップが必要なんです。

 

婚活うまくいかない度に

自信がない」と言って諦めモードでいるのではなく、

やるべき事を明確にしていけば不安なんて消えますよ。

 

自信がないは、怖がっているだけ。

 

そして怖がるのは、

先が見えないからだと覚えておいてください。

 

弱点があるからこそ成長できる

 

自信がなく劣等感を抱えている人は、

弱点は「」だと思っています。

 

まずこの考え方を止めてください。

 

弱点は魅力の原石だと思ってください。

 

婚活で苦労した人と、

あっさりパートナーが見つかって簡単に結婚できた人では

その後の結婚生活での結果も変わってきます。

 

私は婚活で苦労した人の方がうまくいくと思っています。

 

なぜなら、

色々な辛い体験をしているので人の痛みがわかるからです。

 

相手の気持ちがわかり、

人に優しくできる人はすごく魅力的な人になります。

 

あなたは、婚活がうまくいかないことが

コンプレッックスになっているのかもしれません。

 

「私は結婚できないかもしれない・・・」

「どうせ私なんか・・・」

 

でもそれを乗り越えた時、

その劣等感は最大の価値を生むんです。

 

人間的な魅力としてあなたに120%返ってきます。

人は辛い体験をした方が心が豊かになれます。

 

当の本人からしてみれば、

冗談じゃないと思うかもしれませんがそれは確かです。

 

私自身、

辛い体験を乗り越える度に成長してきたとの自負があります。

 

弱点は「」ではありません。

弱点は「魅力の原石」です。

 

ですから、

自分の弱点を劣等感だと思う必要は全くありません。

そんなものはただの思い込みです。

 

この考え方を忘れないでくださいね。

 

最後に

 

私たちはなぜ劣等感を抱くのでしょうか?

 

自分に全く劣等感を持っていない人はいないと思います。

誰でも、多少なりの劣等感を抱えているのです。

 

劣等感を持つ理由は、

自分を守る」ためです。

 

いざチャレンジしたけれど、

失敗してしまったら、ガッカリしますよね。

 

人によっては一生残る傷になっちゃいます。

それは嫌なんですね。

私たちは傷つきたくないと思っているのです。

 

当たり前ですよね?

 

だから自分を守るために劣等感を持ち、

チャレンジする事を避けているのです。

 

しかし、チャレンジしなければ自信は生まれません。

自信はチャレンジして失敗しながらでも、

成長していく過程でついてくるものだからです。

 

だから自信を持ちたければ、

その単なる思い込みの劣等感を壊してください。

劣等感を壊してチャレンジしてください。

 

そうすれば思い込みは消え、

自分の魅力というものに気づき始めるはずです。

 

あなたの劣等感が、魅力に変わる事を願っています。

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家)
愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。