結婚してから冷えきった夫婦仲を良くする5つの方法

 

こんにちは!

毎日父親として旦那として孤高奮闘している、エイタカです。

 

昨日は「FHF」という新潟市の

パパサークルの講演会にパネリストとして参加してきました。

 

パパさん方の悩みは切実です。

 

男だらけの楽園で、子育てから、夫婦関係、

夜の営みなど皆さん和気あいあいと語り合いました。

 

皆さんそれぞれの問題を抱えていますが、

やはり最後に行き着くのは夫婦間のコミュニケーションでした。

 

私は「夫婦の関係さえ良くなれば、全ての問題は解決する」と思っています。

 

男性の方は意外と女性の喜ばせ方、

妻の持ち上げ方を知らないようでした。

 

本日はそういった夫婦間の悩みを抱えている方に、

少しでもその関係が良くなるようなポイントを伝えていきたいと思います。

 

ラブラブな夫婦仲を取り戻しますよ。  

 

思いはストレートに伝えなさい

 

結婚前はあんなにラブラブだったのに・・・今では見る影も無い。

多くの方が抱えている悩みですね。

私もよくそういった相談を受けることがあります。

 

皆さんがぶつかるその壁についてのやりとりを聞いて下さい。

 

相談者「結婚前はお互いに大好きだと言い合っていたのに、

最近は会話も少なくなっています。

おはようとかおやすみなさいなどの挨拶ぐらいしか会話がありません。

私は今でも妻のことが好きなんです、

前のような関係に戻るにはどうしたらいいのですか?」

 

エイタカ「会話が少ないのでしたら、

どんどん積極的に話しかけてみてはいかがですか。

今はどうしていますか?自分から積極的に話しかけていますか?」

 

相談者「いやー、それが会話が少なくなると、

改まってしまいなかなか話しかけづらくなってしまいまして・・・。」

 

エイタカ「それなら尚更あなたから話しかけるべきですよ、

奥さんだってきっと同じように思っているはずです。」

 

相談者「でも、どうやって話しかけたらいいのかわからないんです。」

 

エイタカ「無理に話そうとすると空回りしてしまいますから、

まずは奥さんの話を聞くというスタンスでいくと話しかけやすくなりますよ。」

 

「例えば、調子はどう?今日何かいいことあった?

仕事は順調?明日の予定は?など、

話のきっかけとして奥さんに質問をしてみるといいですよ。」

 

「最初は素っ気ない答えが返ってくるかもしれませんが、

続けていれば反応は良くなってきます。」

 

「奥さんもあなたと話したいという気持を持っていますよ。」

 

相談者「照れますね・・・」

 

エイタカ「付き合いたての時がそうであったように、

リードしてあげてください。きっと昔のような関係になれますよ。」

 

もちろん話しかけ方や相づちの打ち方など、

テクニックは色々ありますが、

ですがまずは話しかけることから。

 

コミュニケーションの基本は会話からです。

会話してみないとお互いの気持はわからないものです。

昔を思い出して、勇気を出して話しかけてみて下さい。

 

ここの他にも夫婦仲が良くなるような

ちょっとしたコツを聞いて下さい。

 

相手の話は最後まで聞きましょう

 

男性は会話の結論をすぐに知りたがる傾向にあります。

女性はただ聞いてほしいだけなのに

男性は自分の頭で考えて自分なりの答えを勝手に言うことが多いのです。

 

これは女性にとってはNG!

 

皆さんは話を聞いてくれない相手と仲良くしようと思いますか?

話をさえぎらずに、最後までじっと話を聞いてあげましょうね。

 

そうすればあなたの株はきっと上がるはずですし、

相手の気持も理解できるようになります。

 

寝食を共にしましょう

 

「寝食を共にするのは夫婦の基本です」

なるべく同じ時間を過ごす時間をつくるようにしましょう。

 

寝室を共にすることはセックスレスの対策にもなりますので、

いい夫婦仲を保つのには必須事項です。

 

食事についても、できるだけ同じ時間に食べること。

 

おいしいものを食べている時は、

気分が良くなり会話も弾むものです。

「おいしい」と言ってくれるだけで、

また料理を頑張ろうと思うものです。

 

スキンシップをとりましょう

 

お互いの肌に触れる機会を持ちましょう。

 

これは意識しないとなかなかできないものですが、

簡単なことでいいので習慣づけるようにしましょう。

 

例えば、肩に触れる、頭を撫でる、手をつなぐなどしてみましょう。

習慣にすれば、照れもなくなってきますからご心配なく。

 

一度触れなくなると、

その後に触れづらくなるのでここはハズさないでください。

 

特別な時間を作る

 

毎日毎日同じ生活の繰り返しだと

さすがにマンネリ化してきます。

 

月に数回外食する日を決めておく、

デートをしに外出するなどお互いのルールをつくっておきましょう。

 

新しいものに触れることで、

会話の話題も増えますので、

それだけでも意味のあることです。

 

この習慣は回数を重ねれば重ねるほど効果が出てきますので、

地道に続けてください。

 

気がついた時には思い出が増えて、

お互いの絆が強くなっていますよ。

 

ルールづくり

 

前の項目と被りますが、

お互いが納得できるようなルールをつくっておくと、

後々問題が起きづらくなります。

 

記念日は必ず外食する、

週に1回は子づくりをする、

喧嘩した時はどちらから謝るかを決めておく、

ゴミ出しはどちらがするかなど、細かいことから大きなことまで.

 

あらかじめ決めておくと

その時の感情に流されることがなくなりますので、

夫婦仲を保つことができます。

 

夫婦仲を保つためには、この他にもしたほうが良いことは山のようにあります。

ですが、少しづつやっていくのがいいと思います。

理論より実践です。

 

この項目をしていない人はやってみてください。

すでにしている人はその質を高めてください。

 

これらをすることで夫婦仲を保つために大切なことがわかってきます。

それは、

 

相手に対する気づかい」です。

 

相手のことを思う心を持つことで、

気づかいができるようになってきます。

 

気づかいは夫婦生活だけでなく

普段の生活のどこでも活かすことができます。

 

「お元気ですか?」

「調子はどうですか?」

「いつもありがとうございます」

 

これが当たり前にできるようになると、

自然と回りの反応も変わってきます。

 

夫婦の関係も良くなっています。

是非実践してみて下さい。

 

気がついたらラブラブになっていますよ。

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家)
愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。