家を出ることは家族を捨てることじゃないんですよ

 

こんにちは。

齋藤エイタカです。

こんな相談がありました。

30代の女性です。
お姉さんは既に嫁いで自分が
婿を取らなければならない
立場だというのです。

実家は農家をしており、
両親は婿を必要としていました。

彼女は若い頃に婚約していた方が
いたようなのですが、やはり家に入る、
入らないで破談になってしまったのです。

どうやらお父さんが
かなりの強者らしい。

 

私も農家なので

その気持はよくわかります。

 

そんな経緯もあって、
彼女は婿を取るべきなのか、思い切って
家を出るべきなのかを迷っていました。

自分の幸せを優先するのか、
両親の希望を優先するのか、
その狭間で悩んでいました。

でも、話を聞くと彼女は恋をして結婚したい
気持ちが強いように感じたのです。

「恋婚」ですね。

彼女は政略結婚の様なものでは
例え結婚した後でもうまくいかない
だろうと思っていました。

私も話を聞いて、
彼女の強い意志を感じたので、
婿を取ってもうまくいかないだろうと
感じたので、

「家を出た方がいいですよ。」

と答えました。

「やっぱりそうですかね~。」

彼女もその方がいいと
感じていたようで、納得してくれました。

ただ、親に対する罪悪感的なものが
あるようでした。

でも、婿に拘り過ぎて
結局結婚できなかった場合や
例え結婚してもお互いにうまくいかない
可能性を考えると、
思い切って自分の幸せを追求した方が
いいと思ったのです。

「親御さんも、婿に拘ってあなたが結婚できない
よりは、幸せな姿を見た方がきっと喜びますよ」

最初はなかなか
理解してもらえないかもしれない。

でも想いを伝え続けることで、
きっと理解してもらえますよ。
と伝えました。

家とは家族があって成立するものです。

家族がバラバラになると家は存在し
無くなってしまいます。

大切にすべきなのは家族の輪です。

名前とかお墓じゃないんです。

それは後からどうにでもなること。

一番幹になるものを
大切にして下さいねとお話ししました。

私にとっても、
家族とは、
結婚とは何なのかと
考えさせられたセッションでした。

こんな風に
自分ではどうしていいかと
わからないことがあったら
相談してくださいね。

 

image1-41

最近は婚活のセカンドオピニオン
として相談も受け付けてます。

 

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家)
愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。