パートナーシップ 結婚生活の真実

家族がいて幸せを感じる10の風景

更新日:

 

「暖かい家族に憧れる・・・」

 

「暖かい食卓に、楽しい会話・・・」

 

「笑顔が絶えない生活かぁ・・・」

 

「家族の風景」

あなたはどんな風景を思い浮かべますか?

 

朝起きたら朝陽が入り込んでいる部屋、

横でパートナーが安らかに寝ていますか?

 

パートナーと子どもと食卓を囲みながら

ワイワイ話しながらおいしい食事を食べる風景ですか?

 

いってらっしゃい、

おかえりなさいの時はキスをしていますか?

 

家族、それはストーリーをつくること。

それも大切な人と一緒につくること。

 

楽しく、時には喧嘩をしながら

お互いのことを知りながらつくる世界です。

その世界は、暖かく、幸せに包まれています。

 

そんなのは幻想?

 

なぜそう思うのか?

 

思い込んだら、

思い込んだとおりになるのが現実です。

幸せになると決めたら、幸せになるのが人生です。

 

私はそう信じています。

そう信じなきゃやってられない、

 

楽しく生きられないからです。

私は結婚してから人生が変わりました。

 

結婚したことでそれまで孤独だった人生に

ぽっと明かりが灯りました。

 

自分に笑顔が生まれました。

そして、愛を教えてもらいました。

 

それまでの人生は孤独で、ツライものでした。

正確にいえばツラいものにしていたと言った方が正しいでしょう。

何をしても空虚感は消すことができませんでした。

 

なぜでしょう?

 

私には人の愛を受け止める感性がありませんでした。

愛してくれる両親、友人、パートナーの気持を受け取ることができなかった。

だから、私は誰にも愛されていない、正直そう思っていました。

 

それが、

今では人の愛情を素直に受け止められるようになりました。

 

それは、家族ができたからです。

愛する人ができたからです。

 

今は毎日笑っています。

家族に笑わせてもらっています。

 

素直に愛情を伝えあえる関係、

それが家族です。

 

そこには遠慮も、ためらいもいりません。

 

「〜したらどうなるかな?」

「〜と言ったらどう思われるかな?」

 

そんな気持が入り込む余地はありません。

 

あるのは信頼だけ、

絶対に受け止めてくれるという信頼だけなのです。

 

100パーセント信じきれる相手、それが家族なのです。

ここでは少しだけ、幸せな家族の風景を見ていきましょう。

 

家族がいて幸せを感じる10の風景

 

朝起きておはよう

 

「おはよう」

「今日もいい一日にしようね」

 

何気ない挨拶、

たった一言だけのあいさつが一日に活力を与えてくれます。

 

今日もきっとワクワクする日になる、

きっといい日になる予感がする、

 

家族がいると自然とそういう明るい気持になってきます。

子どもたちの声で起こされる、あの感覚、

寝ぼけながらに、抱きついてくる子どもたちのかわいさが大好きです。

 

朝食を食べながらの会話

 

「今日は何があるの?」

「どんな予定?」

 

そう聞いてあげること。

あなたに興味があるから、あなたの事が好きだから、

教えてください。

 

聞くことで、その人の世界がつくられます。

 

「今日は〜をして〜をするんだ」

と自分で確認することにもなります。

 

逆に、

「どんないい一日にしようかな」

そう考えることにもつながります。

 

会話にはそういう

お互いの気づかない所を埋めあう効果もあるんです。

 

パートナーとの会話を大切にしましょう。

あなたの一言が相手に気づきを与えるかもしれませんよ。

 

いってきますの一言

 

「いってらっしゃい」

「いってきます」

「今日も一日頑張ってくるね」

 

その言葉はパートナーだけでなく、

自分への約束にもなります。

 

家族のために一日仕事に精を出そう、

家族のために頑張ろうかな。

家族は仕事の糧になる存在です。

 

「家族のために働く」

そういうと堅苦しくなっちゃいますが、

それも立派な生き甲斐になります。

 

家族とは生き甲斐を与えてくれる存在です。

家族の顔を思い浮かべる

 

仕事でうまくいかないこともありますよね?

 

上司に怒られたり、

取引先との交渉がうまくいかなかったりすることもあります。

 

「あー、嫌になっちゃう」

そんな時は家族の顔を思い浮かべてみてください。

ツライ時には、ツラいことと向き合っても解決しません。

 

失敗したことは置いておいて、

楽しかったこと、笑っていたこと、

そして、家族のことを考える。

 

現実逃避?

 

いいんですよ。

笑顔になれるのなら何でもアリです。

楽しくなきゃ何事もうまくいかない、

そう思いましょう。

 

笑顔になるために家族がいるのです。

 

満面の笑みで迎えてくれる

 

「ただいま〜」

「おかえり〜」

帰ってきた時のやり取り、嬉しいですね。

 

何の変哲もないやり取りですが、

心を込めて言えば深い言葉にもなります。

 

「今日は一日ご苦労様でした。一日いろんなことがあったでしょう、

でもまずはお疲れ様。その疲れを家でゆっくり癒してくださいね」

 

「今日は疲れた。でも私には家族がいる。

この笑顔を見られれば一日頑張ってきた甲斐があった。ゆっくり休もう」

 

オーバーにいうとこんな気持を込めることもできるのです。

ただの「おかえり」一つにも意味を込めることができる、

 

それが家族のいい所です。

 

今日の出来事について話す

 

「今日はどうだった?」

この一言をかけてもらえると嬉しいんです。

 

自分のことを気にかけてくれる人がそばにいること、

こんなに幸せなことはありませんよ。

 

仕事でうまくいった時は、

自慢でも、武勇伝でも話せばいいんです。

 

うまくいかなかった時は、

愚痴でも何でも話せばいい。

 

家族はどんな小さな自分でも受け入れてくれます。

 

間違ったことを言っていれば、

「それは違うよ」

と、正してもらえればいいし、

 

「それいいね、やったね」

と、共感されれば嬉しい。

 

ありのままの自分を受け入れてくれるのが家族です。

 

一緒にお風呂に入る

 

体の付き合いは大切です。

子どもがいればなおさらです。

 

子どもも大きくなれば、

だんだんと接する機会が少なくなってきます。

 

そんな中、お風呂だけは唯一裸同士で語れる場所。

そして、子どもの成長が感じられる場所でもあります。

 

「大きくなったなぁ・・・」

ふとした瞬間、そんなちょっとした変化を感じることもあります。

 

それが何よりも嬉しいんです。

 

でも、小学校4年生位からは自分で入ってね。

 

寝る時はみんな一緒

 

布団を並べて、

家族全員で大の字で寝る風景思い描いてください。

 

子どもに蹴られる、頭突きされる、

狭い、痛い、いびきがうるさい。

 

どうですか?

言葉だけ見るとちょっとしんどいですね。

 

面倒に感じますか?

でも、家族にとってはこれは最高に幸せなことなんです。

 

布団をたくさん並べて、

寝る前は枕投げやトランプをして、疲れたらそっと電気を消して寝る。

 

子どもはすぐに寝ますから、その寝顔を見て微笑む。

子どもの寝顔は天使です。

 

起きている時は「悪魔か!」と思うこともありますが、

寝ている時はかわいい天使になります。

 

その顔を見るだけで幸せな気持にさせてくれるのです。

昔ながらの家族の風景、

そんな一瞬に幸せを感じるものです。

 

たまに喧嘩もする

 

「喧嘩するのはよくないですよね?」

そう聞かれることもあります。

 

私は

「そんなことはありませんよ。

喧嘩するのもコミュニケーションの一つです」

と答えるようにしています。

 

喧嘩とは、お互いの思いをぶつけあうことです。

 

「私は〜と思っている」

「いや私は〜と思う」

 

意見のぶつけ合いです。

これはお互いに興味、感心があるから起こることなので、

悪いことではありません。

 

一番よくないことは無関心です。

相手が何をしようが、どうでもいい、

 

興味がない。

そうなったらおしまいです。

 

ですから、

「喧嘩するほど仲がいい」

というのは正しいのです。

 

最初から完璧を求めてもうまくいきません。

喧嘩しながらお互いのことを理解し、

許しあえるようになりましょう。

 

喧嘩した後に仲が良くなるのは、そういうことですよ。

 

休日は一緒に出かける

 

休みの日は出かけましょう。

遠くに行きましょう。

 

普段とは違う環境に行くことで、

パートナーの違う一面を見ることができます。

 

新しい景色、新しい食べ物、

初めての人との交流、

フレッシュなものにふれる事で、

新しい自分に出会えることがあります。

 

家族で出かけると、

そういう変化を共有することができますよ。

 

語り合うこともできます。

一緒の時間を過ごす。

 

普段なかなかできないからこそ、

休みの日は家族との時間を大切にする。

 

その気持が幸せを運んできてくれます。

家族とは自分自身である

 

今まで私が思う幸せな家族の風景を見てきました。

もちろん、ここに書いたようないいことばかりではないのかもしれません。

 

「周りではいつも愚痴ばっかり言っているよ・・・」

「結婚なんて墓場だってみんな言っている・・・」

 

確かに人によってはそうなのかもしれません。

でも、私にとって家族とはここに書いたようなものです。

 

家族とは鏡です。

 

家族との関係はあなたの内面をあらわすものです。

結婚生活が幸せではないというのなら、

あなたの心が幸せではないということです。

 

それを結婚のせいにしているだけ、

自分を幸せにできるのは、自分しかいませんよ。

 

相手に幸せにしてもらおうと考えるのは大間違いです。

家族によくすることは、自分によくすることです。

 

優しい言葉をかけると、自分のなかに暖かさが生まれます。

逆に冷たい態度をとると、自分の心の温度も下がります。

 

家族とは鏡であり、自分自身です。

最も自分を知ることのできる鏡なのです。

 

幸せな家族風景を描きたいのなら、

あなたがパートナーを幸せにしようと決めること。

それだけです。

 

そして、それは難しいことではありません。

決めるだけでいいのです。

 

難しいことをいっているのではありません。

ここに書いたようなありふれた日常でいいのです。

 

肝心なのは気持を込めること、

相手を想いやること、

それだけです。

 

それさえあれば、

お金がなくても、時間がなくても、食べるものが少なくても、

何もなくても幸せを感じることができます。

 

要は心の持ちよう、それだけです。

 

家族だけでなく、パートナーとの関係も一緒、

あなたの気持、想いが現実をつくります。

それだけは覚えておいてくださいね。

 

 

あなたが素敵なパートナーと出会い、

恋愛をして、幸せになること、

そして笑顔になることを願っています。

 

これを書くきっかけになった、

私の大好きな歌を紹介します。

 

素敵な歌ですよ。

 

ハナレグミ / 家族の風景

 

30代におすすめの婚活サイト

youbride(ユーブライド)

150万人以上に選ばれている婚活サイト「youbrideユーブライド)」は、条件、価値観、 様々な角度から運命の結婚相手との出会いをサポートします。

Paris (ペアーズ)

700万人が利用する恋愛・結婚マッチングアプリです。 これまでに5600万組のマッチングを記録し、結婚・交際のご報告も多数いただいています。Pairsには、20-30代の真剣にパートナーを探している男女が多数登録しています。

with(ウィズ)

メンタリスト DaiGo 監修のマッチングサービスです。
心理学×統計学を元にあなたにピッタリのお相手をご紹介します。
出会いアプリのイメージを壊しより多くの方に、マッチングのサービスで出会いを広げていただきたいと思っています。

  • この記事を書いた人
エイタカ

エイタカ

婚活の専門家 / TCS認定コーチ / Dairy farmer オンラインで婚活の専門家として婚活で成功したい人のサポートをしています。またTCS認定コーチとしてコミュニケーションの技術も伝えています。 家族を愛し、自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。 好きな言葉は「挑戦こそが人生」写真を撮るのが好きで、美しいものを好みます。

-パートナーシップ, 結婚生活の真実
-,

Copyright© ゆる〜い婚活サポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.