婚活・結婚の専門家のブログ

婚活相談はこちらから

婚活も結婚生活も成功させる「自立心 」を育む方法

   

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Marriage expert & Dairy farmer
大好きな家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活の専門家として婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「結婚で人生は変えられる」写真を撮るのが趣味です。

詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!

ブログを訪問してくださりありがとうございます!

よければSNSでも友達になってください。

Facebook   Twitter 

エイタカ

 

昨日は風邪をひいて少しだけ休んでいました。

実は子どもにうつされちゃいました(^^)

 


この満面の笑みを見てください、

息子は良くなったので一安心です。

 

後は自分の体調を整えるだけです(^^)

皆さんも風邪には気をつけてくださいね。

 

さて話は変わって、

今回は「自立」について話そうと思います。

 

「自立」と婚活の何が関係あるの?

と思うかもしれませんが、実は大アリなのです。

 

あなたは自分のことを

「自立」していると思いますか?

 

「自立」とは読んで字のごとく、

自分で立つ」という意味です。

 

当たり前のことだと思うかもしれませんが、

「自立」というのは奥が深く難しいものなのです。

 

そして「自立している」というのは

婚活でも結婚生活でも必要なことなんです。

 

はっきり言って、「自立」していないと

パートナーといい関係を築くことは難しいのです。

 

パートナーに依存ばかりする

お子ちゃまは嫌がられます。

(大人なのに子供という意味です)

 

そこで多くの人が勘違いしている「自立」について、

そして本当の「自立心」を育む方法についてお話ししていきたいと思います。

 

「自立」とは自分の身に起こることに責任を持つこと

 

私たちは生まれた時は、何もできません。

赤ちゃんは無力です。

 

歩くことも、食べることも、

生きていくことも、自分一人ではできません。

 

だから、両親や周りの人に助けてもらいながら

自分で生きていく力」をつけていくのです。

 

そしてその力がついた時、「自立」したと言われます。

 

一般的に20歳になると、

自立した人として見られますよね。

 

だから、私たちは自分のことを

「自立」した人間だと思っています。

 

しかし、

本当に「自立」しているのでしょうか?

 

ただ、お金を稼いで自分で生活しているだけで

自立したと言えるのでしょうか?

 

答えは、NO!です。

 

本当の意味の「自立」とは

自分の身に起こることに責任が持てるということです。

 

あなたは自分に起こる全てのことに対して

自分の責任として受け止めることができますか?

 

仕事で失敗したのも、上司に怒られたのも、

親に口うるさく言われるのも、婚活がうまくいかないのも

全て自分の責任だと受け止めることができますか?

 

できませんよね。

 

私たちは自分が傷つきたくないので、

すぐに人のせいにしたがります。

 

「あの人が悪い・・・。」

「私のせいじゃない・・・。」

 

すぐにそういう風に逃げてしまうのです。

 

しかし、その態度は

自分の責任を放棄していることになります。

 

生きていれば

周りからの影響を受けないことはありません。

 

評価され、批判され、褒められ、傷つけられます。

 

しかし、いちいちそれに対して感情的に反応していては、

人生自体が周りに左右されてしまうことになるのです。

 

言い換えると、

あなたの人生は、周りが決める

と言うことです。

 

そんなの嫌じゃないですか?

 

私だったら

自分の人生は誰にも左右されずに

自分の意思で決めたいと思います。

 

そしてそうすることも実際に可能なのです。

 

仕事でも、人間関係でも、婚活でも、

あなたの望むようにすることができるのです。

 

あなたが、

自分に責任を持つことによってそれが可能になるのです。

 

感情で反応することを止めてみる

 

私たちは、何か起こった時に

反射的に反応してしまいます。

 

「仕事のできないやつだ!」

と言われたらどんなことを思いますか?

 

「あなたとは付き合えない」

と言われたらどうですか?

 

人によって反応は様々だとは思いますが、

たいていは怒るか、悲しむかのどちらかでしょう。

 

つまり、頭で考えずに

感情で反応してしまうのです。

 

そんなことは当たり前だと思うかもしれませんが、

これが自分で責任を取らない原因になるのです。

 

相手が何を言おうと、

それに反応するのは自分なのです。

 

つまり全ては自分次第とういうことです。

 

「バカ!」と言われれば、怒る人もいるだろうし、

もしかして笑う人もいるかもしれません。

 

その出来事に対しての反応の正解はないのです。

ということは反応を選択することもできるのです。

 

さっきの話に戻ると、

怒ったり、悲しんだりして、

いいことってあるでしょうか?

 

怒って上司と喧嘩して、問題は解決しますか?

フラれて塞ぎ込んで、幸せは手に入りますか?

 

私たちは感情で反応してしまうと

物事を悪い方へ進めてしまうものなのです。

 

だから、この反射的に反応するのではなく、

反応を自分で選択することが大切なのです。

 

「どうしたらいいのか?」と問いかけること

 

「そんなこと言われても、そんなのできません」

と思われるかもしれません。

 

はい、その通り。

私も苦手です(^^)

 

ですから、訓練が必要なのです。

 

私たちは感情的に反応してしまうと、

つい批判的になってしまうのです。

 

婚活でうまくいかなければ、

「何でうまくいかないのだろう・・・」

「私ってダメなのかも・・・」

 

そして、

どうして、自分は好かれないんだろう?

と思ってしまうのです。

 

しかし、これでは答えは見つかりません。

なぜなら、うまくいかない答えを外に求めているからです。

 

そうではなく、

じゃあ、好かれるにはどうしたらいいだろう?

と自分に問いかけてみるのです。

 

これは自分に答えを求めるものです。

そして問いかければ、何かしらの答えが出てきます。

 

第一印象をよくするために、

オシャレに気を使ったほうがいいのかもしれない。

 

もっと楽しく会話をするために、

会話の勉強をするべきなのかもしれない。

 

相手の気持ちがわからないので、

異性について学んだほうがいいのかもしれない。

 

後半の問いかけだと、

こんな風に次に何をすべきなのかを見つけて、

前向きに考えやすくなるのです。

 

ですから、

自分が成長できるような問いかけをすることが大切なのです。

 

どうしたら〜できるだろうか?」ですね。

 

それを繰り返していくことで、

自分の意思というもの強くなっていくのです。

 

意思が強くなれば、

起こる出来事に反射的に反応するのではなくて、

頭で考えて選択して決められるようになるのです。

 

「自立心」とは選択する力

 

この選択する力が強くなってくると、

自分の人生を決めているのは自分だと

気づくことができるようになります。

 

婚活がうまくいかなくて、悩むのも自分。

解決策を考え、実行して、

婚活を成功させるのも自分だということがわかるようになります。

 

全ては自分で決めることができると。

 

もちろん相手の気持ちなど、

自分がコントロールできないことも当然あります。

 

しかし、

たいていの問題はコントロールできるのです。

 

そして、これをコントロールすることが

自分に責任を持つということなのです。

 

婚活がうまくいかなくても、

環境や相手や自分のせいにするのではなく、

うまくいくように考え、行動するのです。

 

受け身ではなくて、主体的になるのです。

 

そうした考え方を持つと、

解決できない問題なんてほとんどなくなります。

 

自立」ということを

イメージし続けてみてください。

 

人や周りのせいにするのではなくて、

自分の頭で考え解決していくのです。

 

そうすれば婚活なんて楽勝でクリアできますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

Marriage expert & Dairy farmer
大好きな家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活の専門家として婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「結婚で人生は変えられる」写真を撮るのが趣味です。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BEST PARTNER , 2017 All Rights Reserved.