結婚とは?婚活の専門家が結婚の意味を考えてみた

      2018/01/17

エイタカ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
エイタカ
婚活の専門家 / TCS認定コーチ / Dairy farmer オンラインで婚活の専門家として婚活で成功したい人のサポートをしています。またTCS認定コーチとしてコミュニケーションの技術も伝えています。 家族を愛し、自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。 好きな言葉は「挑戦こそが人生」写真を撮るのが好きで、美しいものを好みます。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!

婚活の専門家のエイタカ(@meotofarm)です。

 

私は婚活を始める前に、

結婚について知識を持っていた方がいいと思っています。

 

なぜなら結婚をイメージができなければ、

婚活のモチベーションも上がらないからです。

 

そして婚活でうまくいかないことがあっても、

結婚のイメージさえしっかりしていれば

多少の困難があっても乗り越えていけるからです。

 

「結婚」とは何なのか?

 

今回は、

そんな婚活の原点とも言える問いに答えていきます。

 

どのくらい結婚をイメージできていますか?

 

そもそも婚活している人は

結婚とは何なのかイメージができていない人が多いものです。

 

結婚と言われて

まず真っ先に思い浮かべるのは自分の両親でしょう。

 

両親は自分が生まれた時には既に結婚していましたよね。

私たちは結婚は当たり前の中で生まれてきたのです。

 

ですから、

結婚について特別に意識することもありませんでした。

 

しかし、いざ自分が結婚する年齢になった時、

結婚って一体何なのか?

そもそも自分は本当に結婚したいのか?

そんな風に思う人も少なくないのです。

 

しかしそんな疑心暗鬼な状態では当然婚活にも身が入りません。

ですから、結婚についてある程度イメージができるようになっている方がいいのです。

 

婚活をはじめる前に結婚というものを理解しておくこと

 

私が今まで婚活を教えてきた中でも、

ほとんどの人が結婚に対してイメージを描けていませんでした。

 

「何とな〜くそろそろ結婚しなきゃ」

「とりあえず婚活しときゃなんとかなる」

そんな気持ちで婚活を始める人がほとんです。

 

しかし、そういう何となくの状態で婚活をしていると、

途中でつまずいてしまった時に、婚活迷子になってしまう可能性が非常に高い。

 

私って本当に結婚したいのかな?

 

そんな風に自分に問いかけ始めてしまうのです。

しかし結婚に対するイメージがないので当然答えは出てきません。

 

私は結婚して12年目ですので、

結婚生活の酸いも甘いも経験してきました。

 

妻のことが理解できなくて大変な時期もあったし、

一緒に楽しみを共有したこともたくさんあります。

そして常に今が一番いい状態だと思っています。

 

そしてその経験を元に

婚活している人に伝えられることもたくさんあると思っています。

 

結婚とはどういうものなのか?

そして幸せな結婚生活を送るにはどうしたらいいのか?

 

そんな問いに私なりに答えていきますね。

 

結婚式の誓いの言葉が全てを表している

 

あなたも一度や二度は、

家族や知人の結婚式に出席したことがありますよね。

 

感動的でありながらも形式に基づいた結婚式。

幸せそうな二人の姿に何の疑問も感じることなく

おめでとうの気持ちを送ったことでしょう。

 

幸せな人を見るのはいつだって嬉しいものです。

 

教会で行う結婚式の時には

ヒゲを生やした神父さんがこう言いますよね。

 

その健やかなるときも、病めるときも、

喜びのときも、悲しみのときも、

富めるときも、貧しいときも、

これを愛し、これを敬い、

これを慰め、これを助け、

その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか。

 

聞いたことありますよね?

今一度当たり前であるこの言葉を噛みしめてみて下さい。

 

わかりやすくいうと次のようになりますね。

 

パートナーが元気な時も、

様々なストレスで病んでいる時も、

嬉しい事があって喜んでいる時も、

反対に嫌なことがあって悲しみに暮れている時も、

お互いの気持ちがわからずに喧嘩した時も、

お金があって豊かだと感じる時も、

お金がなくて惨めな思いをすることがある時も、

いつでも変わらずにパートナーを愛し、お互いに協力して、

パートナーが死ぬまで裏切ることなく真心を持って接することを誓えますか?

 

どうです?

 

あなただったら

パートナーができて結婚した時にこのことを誓えますか?

言葉だけでなく、心の底から本気で誓えますか?

 

私はそれを本気で誓えることが結婚だと思うのです。

 

もし、それができなければ

結婚はしない方がいいとさえ思っています。

 

幸せどころか、逆に不幸せになってしまうからです。

 

なぜなら、結婚とは本当にいろんなことが起こるから。

いいことも、悪いことも確実に起きます。

思い通りにならないことばかりかもしれません。

 

それでも、変わらずにパートナーと協力して

人生を歩む決意ができるなら結婚はした方がいいですよ。

 

結婚すれば今とは全く違う世界が見えてきます。

 

結婚とは、どんなことがあってもパートナーに添い遂げる覚悟を誓うこと

 

結婚とは結婚式の言葉を誓うものです。

違う言い方をするとパートナーとの約束なのです。

 

どんなことがあっても

一生をかけてパートナーを愛する覚悟を決めること。

 

あなたは誓えますか?

 

私はこれを本気で誓うことができないと

結婚生活を続けていくことは難しいと思っています。

 

今はちょっと相手の気にいらないことがあったり、

考え方が合わないからとすぐに離婚しちゃいますよね。

 

「価値観が合いませんでした」

「価値観の溝が埋まりませんでした」

 

よく聞く言葉です。

そして離婚してしまう。

 

私はそうなってしまうのは

最初に覚悟を決めていないからだと思うのです。

 

何となく結婚をして、

思っていたよりも楽しくなかった・・・、

楽しくないなら離婚しよう。

 

もちろんその間には

いろいろなことがあると思いますが結果は結果です。

 

夫婦であっても価値観なんて違うものです。

私と妻だって価値観は全く違います。

むしろ正反対で、同じことなんてありえない。

 

それでも問題なく結婚生活を続けていけるのです。

お互いに必要として、幸せだねって笑って過ごしていけるのです。

 

何故だかわかりますか?

 

それは、これから何があっても、

パートナーと添い遂げるという覚悟を持っているからです。

 

かくいう私も、20代の若い頃に結婚したので、

最初は当然そんな覚悟を持っていませんでした。

 

恥ずかしながら、

時の流れに身を任せて結婚しました。

 

でも結婚生活を送っている間に、

本気の覚悟というものが生まれてきました。

 

そして強い気持を持つことができるようになったのです。

 

結婚とは、どちらかが先に死ぬまで一緒にいると約束すること

 

結婚とは、お互いの人生の時間を共有することです。

パートナーと思い出を作り、人生を創造していくことです。

 

そのストーリーは山あり谷あり、喜怒哀楽に満ちたものです。

 

苦しい時もあれば、楽しい時もある。

不幸だと感じる時もあれば、幸せだと感じることもある。

人生とはそういうものです。

 

そして、それを一緒に体験し、共感し、

乗り越えるために力を与え合うのが結婚するパートナーです。

 

そんな大切な存在だから最後の時まで一緒に過ごし、

最後の最後まで添い遂げるのが結婚というものです。

 

この話を聞いて、重苦しいなぁ〜と感じますか?

結婚って面倒くさいなぁ〜と思いますか?

 

もし、そうなら結婚はしない方がいいかもしれません。

中途半端な気持ちで結婚しても上手くいかないからです。

 

今離婚している人が多いのがその証拠です。

お互いを思いやる気持ちがなければ

他人と共同生活なんてできないのです。

 

結婚とは思っているよりも濃密なものです。

自分次第で良くも悪くもなるものです。

 

しかしパートナーと良き関係を築くことができたのなら、

人生は必ず素晴らしいものになります。

毎日が楽しく、安心したものになります。

 

人生が楽しい、きっとそう思えるでしょう。

そのためには、結婚への心構えがとても重要になるのです。

 

ぜひ、覚悟を持って結婚してください。

(重く考えすぎると逆に疲れるので、ほどほどに)

 

まとめ

 

これまで

結婚とは?

という問いに私なりに答えてきました。

 

もちろんこれが結婚の唯一の正解ではありませんし、

夫婦の数だけ結婚のあり方があると思っています。

 

しかし、ここで話したことを理解して結婚すれば

もれなく「幸せな結婚ができる」と思います。

 

これは私が自信を持って言えることです。

 

私たちには覚悟が足りないんです。

恵まれすぎたせいで、ありがたみをつい忘れてしまっているのです。

 

食べるものも、寝る場所も不自由なくあって。

欲しいものがあれば何でも手に入れることができます。

 

だからあって当然だと思ってしまうのです。

 

しかし、その考え方が思いやりの心をなくし、

自分勝手でワガママな心を作り出しているのです。

 

結婚したとしても、

パートナーに感謝することなく、欠点ばかりを指摘し合う。

 

働いてお金を稼ぐのは当たり前だと思っている。

家事育児をするのは当然だと思っている。

 

そんな風に当たり前だと思うことで、

感謝の気持ちをなくしているのです。

 

当たり前のことなんて何もありません。

 

みんな各々に、無から有を作り出しているのです。

それをお互いに認め合えれば結婚は素晴らしいものになります。

 

難しいことを言ってるのではありません。

 

ただ「ありがとう」という気持ちを持って、

その気持ちを伝えてあげればいいのです。

 

それだけで、理解し合えるようになるのです。

結婚とはそういうものですよ。

 

ぜひそんな結婚をしてみてください。

きっと結婚は素晴らしいものだと言えるようになりますよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
エイタカ
婚活の専門家 / TCS認定コーチ / Dairy farmer オンラインで婚活の専門家として婚活で成功したい人のサポートをしています。またTCS認定コーチとしてコミュニケーションの技術も伝えています。 家族を愛し、自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。 好きな言葉は「挑戦こそが人生」写真を撮るのが好きで、美しいものを好みます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください