みんなで学ぶ「婚活コミュニティー」

婚活コミュニティーへの参加はコチラ

【婚活で口下手で困っている人へ】言葉の本来の意味を考えてみよう

      2018/01/16

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
婚活の専門家 / TCS認定コーチ / Dairy farmer オンラインで婚活の専門家として婚活で成功したい人のサポートをしています。またTCS認定コーチとしてコミュニケーションの技術も伝えています。 家族を愛し、自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。 好きな言葉は「挑戦こそが人生」写真を撮るのが好きで、美しいものを好みます。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!

婚活の専門家のエイタカ(@meotofarm)です。

 

あなたは人と話すのは得意な方ですか?

それとも苦手な方ですか?

 

話すというのは得手、不得手というものがあります。

苦手なのは仕方がないことかもしれません。

 

しかし、婚活では口下手であることは残念ながら不利になります。

 

婚活では会話を通して

自分という人間を知ってもらわなくてはいけないからです。

 

私は話すのはどちらかというと得意な方ですが、昔は違いました。

どちらかというと人見知りで、初対面の人と話すのは苦手だったんです。

 

しかし、ある時から人と話すのが苦ではなくなりました。

むしろ好きになりました。

 

なぜだと思いますか?

 

きっかけは恋愛をしたことでした。

 

恋人ができてたくさんの話をするうちに

恋人以外の人とも話すのが苦手ではなくなりました。

 

その理由は会話の本質を理解したからです。

 

会話の本質とは何か?

今回そんな話をしたいと思います。

 

これをきっかけに口下手な人が

少しでも楽に会話できるようになることを願っています。

 

口下手を根本的に解決するには

 

口下手な人はなぜ口下手なのか?

 

その理由は様々でしょうが、

私の場合は相手と何を話していいのかがわからなかったからです。

 

人と何を話していいのかわからないという状態は、

そこには自分の意思がないという状態のことです。

 

目の前の人とどういう関係になりたいのか、

どんなやりとりをしたいのか、

その目的がないから、言葉が上手く出てこなかったのです。

 

また目の前の人が何を考えているのかも

さっぱりわかりませんでしたし、知ろうともしませんでした。

 

自分の気持ちと相手の気持ち、

その両方が分かっていなかったんです。

 

こういう状態では言葉は出てきません。

 

言葉とは本来何のためにあるのか?

その意味を考えることで会話のあり方を理解することができます。

 

言葉は何のためにあるのか

 

言葉は何のためにあるのか?

 

何だか難しそうな話ですね。

私も口下手を意識するまで考えたことがありませんでした。

 

小さな頃に自然と覚えた言葉を何も意識することなく

ただ当たり前のように使っていました。

 

話すのが上手な人は国語が得意で、

語彙が豊富な人だと勘違いもしていました。

 

しかし、それは違うのです。

 

話すのがが上手な人は

言葉を使って気持ちの交換をしているのです。

 

相手の気持ちを知るために言葉を使い、

自分の意思を伝えるために言葉を使っているのです。

 

言葉が大事なのではなく、

言葉の先にある気持ちを大切にしていました。

 

そしてその気持ちの交換をするために、

言葉があり、会話をするのだと知りました。

 

私はこのとこを意識するようになってから少しづつですが、

人と話すことが楽しくなりました。

 

言葉を通して相手の気持ちを知ること

 

相手の気持ちを知ることは、

簡単なようで難しいことです。

 

私たちは臆病ですから、

つい自分の気持ちを隠そうとします。

 

傷つけられないように大事に大事に守ろうとします。

 

しかし、そうすることによって

お互いに気持ちを通い合わせることができなくなりました。

 

相手が何を考えているのかを

察することができなくなったのです。

 

ですが私たちには言葉があります。

言葉を通して相手の気持ちを知ることができるのです。

 

言葉は何のためにあるのか?

その目的の一つは相手の気持ちを知ることにあります。

 

相手の気持ちを知ることで、

相手を理解し、共感や思いやる心を持つことができるのです。

 

私たちが普段何気なく使っている言葉には

そんな大きな力があるのです。

 

言葉で自分の気持ちを伝えること

 

また言葉にはもう一つ役割があります。

それは自分の気持ちを相手に伝えることです。

 

言葉は自分が何を考え、

何を思っているのかを相手に伝えることができるのです。

 

そうすることで相手との距離を縮め、

心を通わせることができるのです。

 

言葉は自分勝手に話すためにあるのではありません。

自分の事を相手に知ってもらうためにあるのです。

 

コミュニケーションの本質は気持ちのやりとり

 

相手の気持ちを知ること自分の意思を伝えること

この2つが言葉を使って会話することで可能になるのです。

 

私たちが日常的に当たり前のように使っている言葉も、

こうやって考えることによってその大切さを改めて感じることができるようになります。

 

コミュニケーションとは気持ちのやりとりです。

お互いの気持ちを知り、理解し合うことです。

 

それを効果的したのが言葉であり、

言葉を使って会話をすることで可能になるのです。

 

人と話すことはただの言葉のやりとりではありません。

心と心をつなぐ大切な行為です。

 

そこを理解すると、なぜ自分が口下手なのか?

そしてどうしたらその苦手を克服できるのかが見えてくると思います。

 

私はこのことを理解したことで

人と話すことに抵抗がなくなりました。

 

人と心を通わせることで喜びを感じられるようになったのです。

 

最後に

 

今回は言葉の本来の意味についてお話ししました。

 

もちろんこれを知っただけで話し上手になるとは思いませんが、

口下手を解消するきっかけになるのではないでしょうか。

 

会話にはテクニックも大切ですが、

その前にこの根本的な言葉の意味を知っておくことで

人と話すことに抵抗がなくなります。

 

言葉で会話するということは、

心で会話するということと同じです。

 

そのことを覚えていてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
婚活の専門家 / TCS認定コーチ / Dairy farmer オンラインで婚活の専門家として婚活で成功したい人のサポートをしています。またTCS認定コーチとしてコミュニケーションの技術も伝えています。 家族を愛し、自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。 好きな言葉は「挑戦こそが人生」写真を撮るのが好きで、美しいものを好みます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

Copyright© 婚活の専門家のブログ , 2018 All Rights Reserved.