婚活がうまくいかないのは、出会った相手との相性が悪いだけ

 

こんにちは!

齋藤エイタカです。

 

今回は、

婚活でうまくいかない最大の理由

についてお話をしたいと思います。

 

婚活は難しい、いい相手がいない、

アプローチを繰り返しても反応がありません。

婚活にはよくあることです。

 

なぜなのでしょう?

誰しも知りたいと思っているその理由を

簡単に見ていきましょう。

 

婚活がうまくいかないのは、自分と相性の良い相手と出会えていないから

 

いきなり結論です。

チャンチャン・・・、ではなくキチンと説明しますね。

 

相性がいい、悪い、

相性とはそういう風に使われる言葉です。

いろんな分野で使われる言葉ですが、

人間関係で使われることが多いですね。

特に男女関係ではよく聞きます。

 

相手との相性が良ければ、

お互いの関係も良好なものになるし、

一緒にいても楽しい時間を過ごせます

 

反対に相性が悪ければ、

一緒にいても退屈でつまらなく、

話もしたくないとなってしまいます。

 

相性にはお互いの価値観などが深く影響されています。

一緒にいて気の合う人とは価値観が似ていたりするものです。

 

ですから婚活でも

相性の合う相手と出会えればいいのですが、

なかなかそうはいかないのが現実です。

 

第一自分と相性のいい相手はどんな人かわかりますか?

と聞かれてもたいていの人は答えられないでしょう。

自分でもわかっていないのです。

自分はどんな人と相性がいいのかを。

 

ですからそれを確かめるために、

いろんな人と会うのが婚活なのです。

 

そして活動を始めて見ると、

なかなかうまくいかなくて悩んでしまいます。

 

どうしてうまくいかないんだろう?

何が問題なの?

 

そうなってしまうのには

婚活における相性の意味を

理解していないからかもしれません。

 

婚活においての相性とは

普段使う相性とは違うものになっています。

 

婚活ではお互いに気が合わないといけない

 

婚活で難しい所はココです。

 

あなたが相手と気が合うと思っても、

相手が同じようにそう思うかはわかりません。

もしかして相手の方はあなたと全然合わないと

思ってしまうかもしれないのです。

 

そして現実にこのようなことが

婚活の現場では数多く起こっています。

 

「私は相手のことを気に入っているのに、相手は全く振り向いてくれない」

というすれ違いが起こっているのです。

 

反対にあなたに好意を持ってくれた人がいても、

あなたが相手を気に入らなければ同じようなことが起こります。

 

このすれ違いの連続が

婚活を難しく悩ましいものにしているのです。

 

お互いに気が合うという出会いは数少ない

 

お互いがお互いのことを

気にいるような出会いは

そうそうあるものではありません。

 

運よくそうした出会いがある人もいますが、

多くの人はここでつまずいてしまいます。

 

婚活ではフィーリングだけではなく、

将来のことを考え様々な条件が判断基準になってくるので、

相性という観点から見ると普通の出会いよりも厳しくなるのです。

 

見た目はタイプだけれども、

仕事や年収などの面でどうかなぁ〜。

 

性格は良さそうだけれども、

結婚しても地味でつまらなさそうだなぁ〜、

という風にいくつもの条件が揃わなくては

この人と一緒になりたいとは思わないのです。

 

ただの恋愛であればもっと気楽に、

とりあえず付き合ってみようかなと思うものですが、

婚活では結婚が人生が直に関わってくるので

ついつい慎重になってしまうのです。

 

解決策はたくさんの人に出会うか、自分の殻を壊すこと

 

この相性という問題を解決する方法は2つあります。

 

とにかくたくさんの人に会って、相性のいい相手を探す方法

 

一つ目は、自分と相性のいい人に出会えるまで

とにかくたくさんの人に会いまくることです。

 

いくつもの婚活サイトに登録して、

時間さえあれば会う約束をつける。

実際に会って話して、判断する方法です。

 

これは時間もお金も手間もかかりますが、堅実な方法です。

いろんな人と会うことで、自分の事がよくわかるようになります。

 

自分ってこういう人が好きなんだなぁ〜、

反対にこういう人はNGなんだなぁ〜と

自分の好みが理解できるようになるのです。

 

ただ、強い忍耐力と精神力、

そして探究心がなければ続けていけない方法です。

結婚に対して妥協したくないという気持ちの人であれば

試して見るのもいいかと思います。

 

自分の殻を打ち破る方法

 

もう一つの方法は、

自分の殻を打ち破るか、相手の殻を壊す方法です。

 

これは各々が持っている、

相性というものの壁を壊すことです。

 

人には好みがあります。

この人は好き、この人は嫌い。

その判断基準を壊す方法です。

 

わかりやすくいうと自分の好みの幅を広げることです。

例えば、男性であれば十人の女性がいたとして

何人の女性と付き合えるかということです。

 

性格が合う二人としか付き合えないという人もいれば、

十人全ての人と付き合っていけるという人もいるのです。

 

ちなみに私は後者です。

どんな人とでも良好な関係を築いていけるタイプです。

こういうタイプは婚活ではうまくいきやすいのです。

それは付き合いながら関係を築いていけるから。

 

前者は最初から相手との相性が

バッチリ合っていないと不安だと感じてしまう。

婚活してつまずいている人の多くはこちらのタイプですね。

 

「いい人がいない」が口癖で、

相手の欠点を見てしまう人です。

 

しかしこのタイプの人は

正直婚活で結果を出すのは難しい。

自分が思い描くような人は

実際はそうそういないものですから。

 

ですからここをなんとかして、

なるべく相手のいいところを見るようにして、

自分の好みの殻を壊していくことが必要になるのです。

 

結婚生活とは相手との関係を築いていく過程です。

最初から完璧な形などがあるわけではないのです。

 

あなたの条件が全て満たされた人がいたとしても、

思い通りの人生が歩めるわけではないのです。

 

どんな人と結婚しても、

人生における不安は常に生まれるものですし、

その都度解決していかなくてはいけないのです。

 

ですから最初から完璧を求めるのではなく、

心を広くして相手を受け入れるようにしてみましょう。

 

こういう考えで婚活すると結果も出やすいですし、

多くの学びを得ることができるようになります。

 

そして、そういう人が増えると

この婚活業界ももっと楽しいものに変わります。

 

あなたの心の持ち方一つで全てが変わるのです。

婚活ってそういうものですよ。

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家)
愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。