婚活で使う写真は4割り増しでオッケーです

 

こんにちは!

齋藤エイタカです。

 

今回は、

婚活で使う写真はモリモリ盛りましょう

という話をします。

 

婚活は外見で判断される場なのである

 

婚活は外見、見た目がとても重要視されます。

出会った時の第一印象は見た目で決まるといえます。

 

そして、

この第一印象は実は出会う前から

試されているんです。

 

それは写真です。

婚活では、

婚活サイトであれ、結婚相談所であれ、

事前に相手の容姿を知ることができます。

 

たいていの場合、プロフィールがあり

そこにはその人の写真がついています。

 

稀に、自分の写真を載せるのが嫌で、

載せていない人もいますが、

そういう人は極端に出会いのチャンスが少なくなります。

 

どうしてかというと、

容姿のわからない相手と

わざわざ出会いたいとは思わないからです。

 

さらには、

容姿が良くないから写真を載せないんだと

勘ぐられて、敬遠されてしまうんです。

 

ですから、

嫌でも極力写真を載せることをお勧めします。

そもそも自分を表に出せないようでは、

婚活での成功は難しいと考えておいてください。

 

婚活では心も外見も

オープンにしてこそ上手くいくものなのです。

 

写真で判断されるからこそ、盛りましょう

 

多くの人は初対面では

外見で人を判断します。

 

何も情報のない状態では

これは仕方のないことです。

外見からしか情報を得ることができないからです。

 

そしてそこで線引きされてしまいます。

会っても大丈夫か、会いたくないかをです。

 

この人はいい、ちょっと無理と

判断されてしまうんです。

 

これは理屈ではなく、

今までの経験から作り上げられた判断です。

 

ですから、ここに引っかかってしまっては

その先は望めないのです。

 

例えその人がどんなに性格が良く、

人間的に素晴らしくても

会ってもらえなければわかってもらえないのです。

 

ですから、写真は盛りましょう!

盛って、盛って、盛りまくっていいです。

私は4割り増しくらいなら問題ないと思っています。

 

まず、プロに写真を撮ってもらいましょう。

今はスマートフォンも進化して、

素人でもいい写真が撮れますが、

構図などの視点からもプロには敵いません。

 

今はネットを検索すれば、

プロフィール写真を撮ってくれる

カメラマンはたくさんいますので

作品などを見ながら自分に合いそうな

カメラマンを探して見てください。

 

婚活写真はどんな風に撮影したらいいのか

 

婚活写真を専門にやっているところもありますが、

ただのプロフィール写真でもオッケーです。

ただし昔風の七五三の写真のような

堅苦しい写真はやめましょうね。

 

取るときは、男性であればスーツと私服の2パターンは

撮っておいた方が後々重宝します。

 

結婚相談所などは、

たいていの場合スーツ姿の写真ですからね。

女性の場合でも、2パーターンは欲しいですね。

 

服装に関しては、爽やかなイメージで

撮影した方が無難です。

 

男性であれば白シャツ、

女性はパステル系の明るい色が好まれる傾向にあります。

 

この時ばかりは、

自分は見られる立場なんだということを意識して

一般的に好まれるような服装をしてください。

 

今はメイクをしてくれたり、

ヘアーを整えてくれたりと、

様々なオプションがある所もあるので

最高の一枚を撮流ようにしてくださいね。

 

さらに撮った写真を加工もできたりします。

ちょっと細くしたり、色を綺麗にしたりと

裏技的なこともできます。

 

極端にしすぎることは

後々面倒なことになるので、

ほどほどにしておいてくださいね。

 

実際に会った時に

別人だと思われない程度がいいですよ。

4割り増しを心がけてください。

 

会ってさえすれば、外見は関係なくなる

 

外見でオッケーになると

後は実際に会って話すだけです。

 

そうなれば、外見は重要ではなっくなってきます。

多くの人が会ってから印象を抱くのは、

話した時にフィーリングです。

見た目ではなくなるのです。

 

 

写真と多少違っていても、

気になるのは最初だけです。

 

それで、

お付き合いする、しないにはなりません。

 

このように婚活での写真というのは

最初の壁なのです。

会うか会わないか、

それを決める判断材料になります。

 

しかし、一旦その壁を超えてしまえば

後は人と人と、心と心のやりとりになるので、

容姿が如何の斯うのという問題にはなりません。

 

自分の心で勝負できるようになるのです。

 

そう考えると、

写真を多少盛ってでも、

直接会えるチャンスを増やすことが重要なのです。

 

写真を盛ることに罪悪感を感じることはありません。

婚活している人は常に迷い続けているのです。

 

何が正しいのか、何をすれば幸せになれるのか。

わかっていない状態なのです。

 

ですから外見という、

後から考えればどうでもいい事に意識を向けてしまう。

せっかくのチャンスを逃してしまう事になるのです。

 

見た目なんて結婚したらどうでも良くなるのです。

どうせ皆んな同じように歳をとって

おじいちゃん、おばあちゃんになるのですから。

 

本当に大切なものを見つける為にも

写真はジャンジャン盛っていきましょう!

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家)
愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。