相手に自分の想いを伝えるシンプルな4つの方法

 

こんにちは!

齋藤エイタカです。

 

先日クライアントさんと話していて、

こんな話になりました。

 

キャサリン
エイタカさん。

彼に私の気持ちが伝わらないんです。

本当はもっと誘って欲しいのに。

エイタカ
相手に望むことがあるなら直接言ってみれば。
キャサリン
それが言えたら楽なんですが・・・。
エイタカ
どうして言えないの?
キャサリン
気恥ずかしいというか・・・。

思っていることを話して、つまらない女だと思われなくて。

エイタカ
伝えたい気持ちがあるんなら、はっきりと伝えた方がいいよ。

自分の体裁なんて気にしてる場合じゃないでしょう。

だいたい甘えられたら嬉しいのが、男ってもんだよ。

伝えたいことは、ハッキリと口に出して伝えよう。

じゃないと何も伝わらないよ。

キャサリン
察して欲しい気持ちもあるんです。
エイタカ
それはいかん、

エスパーなんていないんだからね。

 

という話になりました。

 

どうも恋愛になると、

臆病さからか、自分の気持ちを

相手に伝えられない人が多いんですが、

伝えなきゃ、気持ちはないのと同じですからね。

 

ということで、

今回は、相手に自分の想いを伝える

シンプルな4つの方法についてお話ししていきます。

 

想いを伝えるにはコツがいる

 

伝えたい想いがあっても、

うまく伝えられないことってあります。

 

恋愛においてはなおさらですが、

婚活においても同じことが言えます。

 

傷つくのを恐れ、

自分を守ろうとすることで

余計に自分自身を傷つけてしまう

それはよくあることです。

 

人の気持ちは複雑です。

ですがシンプルにしなくては

伝わるものも伝わらないのです。

そして伝え方も大切です。

 

自分の想いを素直に相手に伝える

4つの方法についてみていきましょう。

 

急に想いを伝えるのはギャンブル

 

伝えたい気持ちがあったとしても

何の脈絡もなく、急に伝えても

相手にはビックリされるだけです。

 

それでうまくいくパターンもあるかもしれませんが、

それではギャンブルになってしまいます。

 

まずは相手との距離を縮めて、

信頼関係を築く必要があります。

 

相手との距離を縮めるには、

相手の懐に入っていかなくてはなりません。

 

相手が何に興味を持っているのか、

どんな話をすれば楽しく話せるのかを調べて

相手との関係性を確かなものにしていってください。

 

人は自分に興味をもってくれた人には

好意を寄せやすくなるものです。

 

まずは相手に、「あなたに興味がある」

と伝えることが始まりになります。

 

エイタカ
自分に関心を持ってもらって

嫌な思いをする人はいないよ。

 

想いはシンプルに伝える

 

想いはシンプルにすればするほど純度が高まり、

相手にストレートに伝わるようになります。

 

告白の場面でもそうでしょう。

 

「あなたのことが好きです!付き合ってください!」

 

この2言には全てが含まれています。

好きだということ、

そして付き合って一緒にいて欲しいということ。

 

人は一人一人言葉の解釈が若干違っています。

同じように告白しても、

ある人には伝わり、

違う人には伝わらないということもあります。

 

そして人は迷う生き物です。

どうして欲しいかを明確に伝えた方が

その迷いの幅も狭まるものです。

 

シンプルで力強い言葉には

迷いを消すパワーもあります。

 

人の心に響くのはいたってシンブルです。

 

余計な飾りなどは

逆にあなたの想いの力を弱めてしまいます。

 

想いはシンプルに伝えましょう。

 

エイタカ
不安を打ち消すくらいの強い想いを持とう。

 

オープンマインドになる

 

恋はある意味、怖いのもです。

 

うまくいった場合にはその喜びは

計り知れないものがありますが、

その反対にうまくいかなかった場合には

大きなショックを受けることになります。

 

そして私たちは、

ついうまくいかなかった時のことを考えて

自分に予防線を張ってしまいます。

 

臆病になり、

自分の気持ちを素直に表現できなくなってしまう。

 

そうなってしまうと、

想いを伝えるどころか、

相手てから見てあなたの印象は悪くなってしまいます。

 

自分に対して心を閉ざした人を、

信用はできないですよね。

その状態で想いを伝えても

まずうまくはいかないでしょう。

 

そうならないためにも、

できるだけ素直に心を開くようにしましょう。

 

オープンマインドです。

 

その恋がうまくいくか、

うまくいかないかの結末は

誰にも知ることはできません。

 

今できるのは最善を尽くすことです。

その最善策がオープンマインドなのです。

 

人は自分に対して心を開いてくれた人には

よほど嫌っていない限り、自然と心を開くものです。

 

相手の心を開かせるためにも、

まず自分から心を開いてみましょう。

 

とはいっても、急には変われません。

焦らずに、少しづつでいいのです。

 

心を開くというのは気持ちのいいことですよ。

 

エイタカ
ムツゴロウさんをお手本にしてみて。

 

伝わるまで伝える

 

ここまで想いを伝える方法についてみてきましたが、

それでも相手には伝わらないこともあります。

 

そんな時は諦めずに、

伝わるまで伝えたらいいのです。

 

何度でも繰り返し伝えればいいのです。

 

相手に失礼にならない程度だったら

伝え続けることは間違ったことではありません。

 

何度も伝えることによって、

相手の心が動くことはよくあることです。

 

簡単に諦めてはいけません。

想いを伝えるというのは難しいことです。

 

チャレンジが許される限り、

何度もチャレンジすることです。

 

仮にダメだったとしても、

その経験はきっとあなたの財産になります。

 

伝える力を磨いていきましょう。

心と心が繋がった時、

その感動は何物にも代え難いものになるでしょう。

 

エイタカ
想いに関してはしつこいぐらいが丁度いいよ。

 

最後に

 

エイタカ
どう?

少しはわかったかな。

キャサリン
わかったような、わからないような・・・。
エイタカ
じゃあもう一回最初から説明するね!
キャサリン
・・・。

いや、わかりましたからもう大丈夫です。

エイタカ
そんな遠慮しなくてもいいよ〜。

何回でも説明するよ!

キャサリン
・・・。

いや、勘弁してください・・・。

 

というのは冗談で、

想いはシンプルにすればするほど

伝わりやすくなるものです。

 

自分を守るために、

気持ちも言葉もごちゃごちゃにして

結局想いが伝わらないなんてことはよくあることです。

 

そうなってしまっては、

やるせないですよね。

 

自分の想いを大切にして、

純度を高めていきましょう。

 

飾り気のない綺麗に磨かれただけの想いは、

きっと相手に届きますよ。

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家)
愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。
自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。
好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。