婚活で「もっとこの人と話したいと思われる」話を聞く技術

 

こんにちは!

エイタカです。

 

婚活していて相手の人と話をする時、

何を話していいのかわからなくて

つい聞き役に回ってしまうことってありますよね。

 

口下手な人であればなるべく話したくない、

それなら相手の話を聞いていようと思うものです。

 

しかし、この「聞く」という行為にも

技術というものがあるのを知っていますか?

 

聞き上手であれば話は自然と盛り上がりますが、

聞き下手であれば相手も話をする気がなくなってしまいます。

 

そのくらい「聞く」という行為は難しいのです。

 

しかし、安心してください。

正しい「聞き方」を学び、練習を積み重ねることで

誰でも聞き上手になることができるのです。

 

話し上手になるよりもずっと簡単です。

今回はそんな、聞き上手になるための方法についてお話ししてきます

「あなたともっと話していたい」と思われるには

 

人は自分の話をしている時は楽しいものです。

私たちは誰でも話を聞いてもらいたいものです。

 

人が話を聞いてくれいていると、

私のことを理解してくれている」と思うものです。

 

ですから相手との関係を良くしようと思うなら

まず聞く技術を身につけるべきです。

 

聞く技術で大切なのは、

相手が自分の話を聞いてもらえていると感じることです。

 

自分は聞いているつもりでも、

相手がそう思ってなければ距離は縮まりません。

 

逆に中途半端に聞いていると

信用できないやつだと思われてしまいます。

 

そうなっては元も子もないですよね。

 

そして相手が聞いてもらえていると

思ってもらうのにもコツがいるのです。

 

そのコツを見ていきましょう。

 

目線を効果的に使う

 

 

目は誤魔化しがききません。

 

やましいことがある人は

相手の目をまっすぐには見れないものです。

 

話す時は相手の目をしっかりと見ることです。

ただし、じっと見つめすぎてしまうと

お互いに気まずくなってしまいます。

 

息苦しくなりますよね。

その状態では気持ち良い話もできません。

 

だからと言ってあっちこっちを向いて

話していたのでは信用を得られません。

 

ですから信用を失わないように

適度に目線をずらす技術が必要です。

 

この時にどこを見たらいいのでしょう?

実は効果的な目線の外し方があります。

 

私たちは目を直接見なくても、

顔の目以外のパーツを見ていても

相手は視線が合っているように感じるのです。

 

ですから目をじっと見るのではなくて、

顔の他のパーツを見るようにしましょう。

 

おでこや鼻、口元や目元

どこでもいいのです。

 

それでも、長時間話しているとだんだんと疲れてきます。

そういう時は、

肩越しに視線をはずすのが良いでしょう。

 

そうであれば目を見ていなくても

相手に悪い印象を与えることはありません。

 

もしどうしても目線を合わせるのが苦手な人は

向かい合って話すのではなく、斜めに話すような

ポジションを作って話をすると良いでしょう。

 

食事の時なども、

向かい合って座るのではなく斜めに座ったり、

カウンターで横に座ったりするものいいですよ。

 

その方が相手との体の距離も縮まるので、

いい雰囲気を作ることができます。

 

バックトラッキング

 

相手が話したことを、

オウム返しのように復唱することを、

 

バックトラッキング」と言います。

 

もも子
エイタカさん、

この前付き合っていた彼にフラれちゃいました・・・。

 

エイタカ

フラれてしまったんだね。辛かったね。

 

もも子
もう何もかもが嫌です。

婚活なんてしたくないです・・・。

 

エイタカ

婚活が嫌になってしまったんだね。

 

もも子
どうして男の人はあんなに冷たいんでしょう。

私には考えられません・・・。

 

エイタカ

確かに男性は冷たい面があるよね。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

こんな風に

相手が話したことと同じ言葉を使うのです。

 

これをすることで、相手に

私はちゃんとあなたの話を聞いていますよ

と伝えることができます。

 

相手も、

この人は私の話を聞いてくれている

と好印象を持ちます。

 

この時は相手の話を決して否定しないでください。

その事が正しいとか間違っているとかは関係なく

相手の考えを受け入れるようにしてください。

 

そうする事で相手も話しやすくなり、

話も広がっていくので効果的に使って見てください。

 

エイタカ

バックトラッキングの効果は、

・否定や拒否などの抵抗感を消してくれる

・「自分は大切にされている」と言った安心感を与える

・悩みを自然と整理してくれる

 

あいづちを打つ

 

あいづちを打つことは

当たり前だと思っているでしょうが、

効果的なあいづちでなければ

話の節を追ってしまうことになります。

 

効果的なあいづちとは、

 

1、なるほどね

2、確かに

3、それわかるわ

4、それは言えてるね

5、さすがだね!

6、それはいいね〜

7、うん

8、それで、それで

9、それはすごいね

 

あいづちはこのように使うことができます。

 

この他にもたくさんあるので、

自分で使いやすいものを考えてみてください。

 

これらを会話に入れていけば、

相手も自然と話しやすくなります。

 

自分の中であらかじめ

使いやすいあいづちのパターンを決めておいて

自然と会話の中で使えるようにしましょう。

 

まとめ

 

今回紹介したのは、

聞き上手になるための基本的な方法です。

 

聞く」という技術は本当に奥が深く

掘り下げていけば終わりのないものです。

 

しかしその基本は、

あなたの話を聞いていますよ

私はあなたのことを理解していますよ

と相手に伝えることにあります。

 

それが伝わらなければ、

せっかく一所懸命聞いていても

相手との距離は縮まりません。

 

ここで紹介した方法を真面目に実践すれば、

少なくとも悪い印象を相手に与えることはないでしょう。

 

そして関係は深まり、

次のステージに進んでいけるようになります。

 

聞く」技術は会話のスタートラインです。

是非その先のゴールを目指してみてください。

コメントを残していただけると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

ABOUTこの記事をかいた人

プロ婚活コンサルタント & Farmer(酪農家) 愛する家族とスローライフを送りながら、ネットを使って婚活コンサルタントとして婚活に悩む人のサポートをしています。 自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。 好きな言葉は「一期一会」写真を撮るのが好きです。