婚活で成功する人、失敗する人

男女必見!若い頃のような恋愛ができなくなった5つの理由

更新日:

 

こんにちは!

エイタカです。

 

最近ドキドキすることはありましたか?

私は・・・、何かから逃げてがむしゃらに走ったときぐらいかなぁ。

まあ、詳しいことは聞かないでください(笑)

 

本当にその位なんですよね。

大人になるとだんだんとドキドキすることが少なくなります。

もちろん人生を長く生きて経験を積み重ねることによって、

 

「もうわかってますよ・・・、それ知ってますよ・・・」

 

となることが多くなるのも事実です。

 

ワクワク、ドキドキという感情は新しいものに挑戦するとき、

未来に対して希望を抱いている時に起こる気持です。

 

若い頃はどうだったでしょうか?

 

家と学校での生活しか知らない、

スゴく狭い世界で生きていましたよね。

 

息苦しく思っていた人もいたのではないでしょうか?

 

「あーつまんない・・・」

「もっと楽しいことはないのかなぁ・・・」

 

そういう退屈な気持で過ごしていたからこそ、

新しい出会いがあった時には心トキメかせていたのではないでしょうか?

 

新しい出会いで世界も広がり、

多くの人との交流により自分の世界も広がります。

 

その時の感動を覚えていますか?

 

「今まで話したことがなかった人と話して意気投合したときの嬉しさを・・・」

「初めて隣に座った好きな人と交わした会話を・・・」

「おはようと挨拶をするのだけでもドキドキしたことを・・・」

「好きになった人に告白したときのことを・・・」

「初めてのデートではひっくり返るくらい感情が揺れ動いたことを・・・」

「そして・・・」

 

色々な思い出がありましたね。

もちろん全てが美しい思い出ばかりではありませんでしたよね。

 

ツライこともあったと思います。

出会いがあれば必ず別れもあります。

 

一晩中泣き通したこと・・・。

 

悲しみを紛らわせるために、

恋愛映画を見て余計に悲しくなったこと・・・。

 

2度と恋愛なんてしないと誓ったこと・・・。  

今思い返せば楽しく美しい思い出です。

 

「あの時よかったなぁ・・・」

「あの時と今を比べると惨めでしょうがない・・・」

 

そう相談されることもあります。

 

「もうあの時のドキドキは味わえないんでしょうか?」

「今と何が違うのでしょうか?」

 

そんな事を聞かれることがあります。

 

今と昔で何が違うのかを見て、

今何をすべきなのかの答えを見つけていきましょう。

楽しく。ワクワクしながら。  

 

1、経験が心にフィルターをかけている

2、仕事に追われて気持が恋愛に向かない

3、思い込みで人のいい部分が見えなくなっている

4、恋愛に対して臆病になっている

5、未来に対する希望が描けない

 

この順番で見ていきましょう。

 

経験が心にフィルターをかけている

 

ドキドキ感がなっくなったと感じた時に

最初に浮かぶのがこのことです。

 

人は無意識のうちに「知っていいる」と思ったものに関して

興味を持たなくなってしまうものなのです。

 

普段の変わらない生活の中で、

ドキドキする事はありませんよね?

 

全ては想定内という状態。

この状態では外界からの情報は入ってこないのです。

 

昨日の晩ご飯は何を食べたか覚えていますか?

私も良く忘れてしまいます(笑)

 

そういう人は、

知らず知らずのうちに心に蓋をしているのです。

感性の扉を閉めているのです。

 

この状態ではいくらいい情報が近くにあったとしても見過ごしてしまい、

無味乾燥な毎日に感じてしまいます。

 

ドキドキ、ワクワクとはほど遠い生活。

退屈な生活。

 

それを打破するために、

新しい事に挑戦したりするのですが、

それにもすぐに慣れてしまうのでまたいつも退屈な生活に逆戻りです。

 

根本を変えなくてはいけないのです。

あなたの心の蓋を開かなくてはならないのです。

 

いつもと変わらない毎日の生活の中にも、

わずかな変化を感じ、それを楽しめるようにならなくては

結局大きな問題解決には至らないのです。

 

毎日の生活を見直し、小さな幸せを見つけるようにしてください。

きっと、昔感じたようなワクワク感が戻ってきますよ。  

 

仕事に追われて恋愛に気持が向かない

 

これは本当に多くの方が抱えている問題だと思います。

 

人は余裕があった時にこそ、

他のことにも気が向くようになります。

 

余裕がないと、

自分の中の問題とだけ向き合ってしまうようになります。

 

これでは恋愛どころではありませんよね。

 

恋愛とは

 

「外にある愛おしいと感じる存在に恋する」ことです。

 

相手に目を向けなくてはできないことなのです。

 

「私といて今どう感じているのかなぁ・・・」

「私といてつまらなくないかなぁ・・・」

「どうしたら楽しませてあげられるかなぁ・・・」

 

相手のことを想うとはこんな風に気づかい、

想いを馳せることです。

 

余裕のない人が人のことを考えることはできませんよね?

 

まれに、その忙しさから逃避するために恋愛に逃げる方もいますが、

そうした自分だけを満たすための恋愛は長続きしません。

 

そして誰も幸せにしません。

 

「それではどうしたらいいのですか?」

 

と聞かれることもあるのですが、

こればっかりは一人ひとり状況が違うので明確な解答はいえません。

 

ごめんなさい(汗)

 

ただ、まずは自分の人生の中で

何が一番大切なのかを考えてみてください。

 

仕事なのか?

生活なのか?

 

それに合わせた人生を歩んでいけばいいのです。

あなたが仕事で苦しんでいるのなら、

思い切って仕事を変えるのも一つの手段です。

 

もちろんトータルな視点から見ていかなくてはならないことですが、

嫌なことを一生懸命やっていいても幸せにはなれません。

その所を一度考え直してみるものいいかと思います。

 

「私はこういう人生を送りたい」

 

そんな思いを実現させてください。

 

思い込みで人のいい部分が見えなくなっている

 

これも大きな勘違いによるものです。

 

人は経験を重ねるたびに、

自分の中でのイメージを作り出します。

 

この人はこんな人。

あの人は、あんな人。

無意識のうちに、人を分類しています。

 

極端にいうと、

好きか嫌いか2分しているのです。

 

人は複雑な感情を持っています。

表面的には見えない所でも、

実は心の奥底で全く違う感情を持っていることもあります。

 

表面だけに囚われていると、

決して相手の本質を知ることはできません。

 

相手を知るには、洞察力が必要です。

 

相手の気持を理解し、

汲み取るための努力が必要になるのです。

 

ボーッとしていては気づかないものです。

人にもっともっと興味を持ってみてください。

細かい所までよく見てください。

 

いい所も悪い所も含めて

愛おしく感じられるようになります。

 

人に愛される人はの特徴は、

人を愛していることです。

 

自分の好きな人だけではなく、

多くの人を平等に愛しています。

 

その姿勢が人を惹き付けるのです。

 

「あの人の近くにいたら、何故か居心地がいいんです」

 

そういわれる人です。

 

そういう人は人の良い部分がよく見えています。

だからこそ人を愛することができるのです。

 

あなたもそんな人に憧れませんか?

 

そんな人に近づくためにはまずは、

自分のいいところを見つけましょう。

 

自分のいい所が見えてくると、

自然と人もいい所も見えてきます。

 

自分を愛するところから始めてみましょう。

今までずっと一緒だった自分ですよ。

何も難しくありませんよね。

 

それが人を愛することの一番の近道です。

 

恋愛に対して臆病になっている

 

これは恋愛すると皆さんが経験することだと思います。

 

別れはツライですよね。

特にまだ自分が愛している人との別れは、

胸を引き裂かれる思いがします。

 

私も若い頃は何度も苦しい思いをしました。

フラれ続け恋愛に対して臆病になっていた時期もありました。

 

傷付かないように常に片思いで済ませていた日々もありました。

その時はこれでいいと思っていました。

 

これで幸せだと思っていました。

しかし、その臆病な気持は消えることはありませんでした。

 

積極的にできないもどかしさ、虚しさがありました。

それでは幸せになれません。

 

本当の自分を表現してこそ、

幸せは近づいてくると思うのです。

 

私が臆病さを克服できたのは、

こんな私でも愛してくれた人がいたからです。

 

精一杯愛してくれた人のおかげで、

自分に自信を持つことができました。

 

愛されるというのは万能の薬です。

若い頃は無謀なことにも挑戦していましたね。

 

怖いもの知らずいいではありませんか。

挑戦する気持に年齢は関係ありません。

 

あなたがもし愛されたいと望むのなら

一歩踏み出してみましょう。

 

未来に対する希望が描けない

 

若い人は輝いて見えますよね。

 

私はスポーツ観戦が好きなのですが、

若い人が頑張っている姿を見ると感動してしまいます。

 

何故輝いているのか考えたことがありますか?

若いとは何ですか?

 

体が若い、心が若い、

若いという言葉はいろいろな表現があります。

 

若さとは精神です。

年齢ではありません。

 

80歳のおじいちゃんでも若々しい方はいらっしゃいます。

心の持ち方、精神の在り方が若いのです。

 

ではどうして若い精神を保つことができるのか?

 

それは、今を生きているからです。

 

若い頃は先のことは見えないので、

今だけを生きていました。

 

今日はどんなふうにして過ごそうか。

どんなふうに楽しもうか。

 

今を生きるということは

未来に対して希望を持つということと同じです。

 

希望があるから今を思いっきり生きれるのです。

不安や恐れがないのです。

 

年を取った私たちはどうでしょうか?

今を生きれていますか?

未来に希望を描いていますか?

 

心が外に向いていないと

いくらいい出会いがあってもドキドキを感じることができません。

楽しい未来を描けません。

 

愛する相手との楽しいデート。

幸せで包まれるような時間。

 

まずはドキドキする場面を

イメージすることからはじめてみましょう。

イメージは必ず実現します。

 

悲観的になるよりも

楽観的で笑っている女性の方が何倍素敵に見えますよ。

 

明るい未来を描き、想像しましょう。

笑う人には福来ます あなたが笑顔になるように願っています。

 

心の若さを保ち続けることがいい恋愛をする秘訣

 

 いかがだったでしょうか?

 

若さとは年齢ではありません、心の在り方です。

その心の在り方は自分の過去から学ぶことができます。

 

若かった頃の自分自身から。

甘酸っぱい思い出もあるでしょうが、

時には振り返るとよき学びがあります。

 

私は決して若い時のことを

美談として見ているのではありません。

 

人は今を輝くために生きているのです。

しかし未来を良くするためには過去から学ぶ必要もあります。

 

過去から学び、今を生きて、未来をよりよいものにする。

自分を愛し、人を愛してください。

 

愛のある人生は素晴らしいものです。

あなたが笑顔で輝く姿を祈っています。 

30代におすすめの婚活サイト

youbride(ユーブライド)

150万人以上に選ばれている婚活サイト「youbrideユーブライド)」は、条件、価値観、 様々な角度から運命の結婚相手との出会いをサポートします。

Paris (ペアーズ)

700万人が利用する恋愛・結婚マッチングアプリです。 これまでに5600万組のマッチングを記録し、結婚・交際のご報告も多数いただいています。Pairsには、20-30代の真剣にパートナーを探している男女が多数登録しています。

with(ウィズ)

メンタリスト DaiGo 監修のマッチングサービスです。
心理学×統計学を元にあなたにピッタリのお相手をご紹介します。
出会いアプリのイメージを壊しより多くの方に、マッチングのサービスで出会いを広げていただきたいと思っています。

  • この記事を書いた人
エイタカ

エイタカ

婚活の専門家 / TCS認定コーチ / Dairy farmer オンラインで婚活の専門家として婚活で成功したい人のサポートをしています。またTCS認定コーチとしてコミュニケーションの技術も伝えています。 家族を愛し、自然を愛し生き物を愛する性格の変わり者。 好きな言葉は「挑戦こそが人生」写真を撮るのが好きで、美しいものを好みます。

-婚活で成功する人、失敗する人
-,

Copyright© ゆる〜い婚活サポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.